ツアーのご案内

東近江の魅力を楽しめる、おすすめの観光ツアーを企画しています

鯰

夏バテ予防に!伊庭ナマズ -夏の漁萬膳-

琵琶湖の幸を味わう人気の漁萬膳。

今回は珍しい鯰料理を中心に、夏の暑さを吹き飛ばします。

 

開催日:平成30年7月14日(土)

案 内:大沼芳幸(文化財保護協会)

参加費:12,500円 ※交通費・昼食代・講師料・保険料を含む

募集人数:25名

コース

能登川駅(集合)= 「伊庭の水辺景観」散策 = 伊庭ナマズの漁萬膳(昼食)= 新海浜散策 = 西の湖散策 = 近江八幡駅(解散)

 

 

※詳細につきましては、チラシPDFをご確認ください。


お申込み・お問合せ  (一社)東近江市観光協会  TEL:0748-48-2100 FAX:0748-486698

開催日
平成30年7月14日(土)
場所
     
参加費
12,500円(昼食付)

金ヶ崎

金ヶ崎の退口と千種越え

信長の足跡を追うシリーズの1回目。

信長を追い詰めた金ヶ崎の退口、そして信長と近江衆の戦いの場を探訪します。

 

開催日:平成30年6月2日(土)・3日(日)

案 内:滋賀県文化財保護協会 大沼芳幸

参加費:1泊2日36,000円、2日日帰り16,500円、3日日帰り11,000円

コース

6月2日(土)

JR近江八幡駅 = 「喜多酒造」酒蔵見学 = 甲津畑「信長駒繋松」= 千種越え「善住坊の隠れ岩」 = クレフィール湖東(講座・宿泊)

【特別講座】「金ヶ崎の退口」

6月3日(日)

宿舎 = JR能登川駅 = 青山城 = 百済寺 = 野菜花(昼食)= 井元城 = 鯰江城 = 観音寺城(石寺御館)= JR能登川駅

 

※詳細につきましては、チラシPDFをご確認ください。

開催日
平成30年6月2日㈯~3日㈰
場所
     
参加費
1泊2日:36,000円、2日㈯日帰り:16,500円、3日㈰:11,000円

政所茶

奇跡のお茶「政所茶を味わう」

政所茶は、その希少性から奇跡のお茶とも呼ばれています。

このお茶を摘み、自分だけのお茶を楽しんでいただけます。

開催日:2018年5月26日(土)

案 内:大沼芳幸(滋賀県文化財保護協会)

参加費:13,500円(交通費・昼食代・茶摘み体験料・講師料・保険料を含む)

コース

JR近江八幡駅(集合)= 八風街道散策(杠葉尾~甲津畑)= 日登美山荘(昼食)= 政所茶 茶摘み体験 = 道の駅「奥永源寺渓流の里」= ヒトミワイナリー = JR近江八幡駅(解散)

■政所茶 茶摘み体験について■

摘み取ったお茶は煎茶に加工し、後日ご自宅へお送りします。

※詳細はチラシPDFをご参照ください

 


 

お申込み・お問合せ  (一社)東近江市観光協会 TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

開催日
平成30年5月26日(土)
場所
     
参加費
13,500円

水の美景

白洲正子と楽しむ「水の美景」・「水の美味」《実施済》

白洲正子は日本庭園の原型は近江の自然にあると語っています。

白洲正子を魅せた、美の世界を巡り、合わせて近江の水が生み出した美味も味わいます。

 

開催日:2018年3月25日(日)~26日(月)

案 内:大沼芳幸氏

参加費:1泊2日 32,500円、25日日帰り:12,500円、26日日帰り:12,000円

行程

3月25日(日)

JR近江八幡駅(集合)= 沙々貴神社 = 杉原氏庭園 = 西の湖すてーしょん(昼食)= 福島弁才天 =  日本遺産「伊庭の水辺景観」散策 = 《夕食》水郷伊庭の漁萬膳2018&近江の地酒~料理と魚の解説と共に頂きます~

宿泊:アズイン東近江能登川駅前

3月26日(月)

JR能登川駅(集合)= 河桁御河辺神社 = 大本山永源寺 = 日登美山荘~奥永源寺のイワナ料理~(昼食)= ヒトミワイナリー見学 = 近江酒造見学 = 松尾神社庭園 = JR近江八幡駅(解散)

 


 

主催:(一社)東近江市観光協会

開催日
平成30年3月25日(日)~26日(月)
場所
     
参加費
1泊2日:32,500円、25日日帰り:12,500円、26日日帰り:12,000円

祝膳

尽贅・馳走 近江商人の祝い膳2018正月《実施済》

近江商人の婚礼の膳にお正月の料理をアレンジした「近江商人の祝い膳2018正月」を解説と共にゆっくり味わいます。

また、近江商人が崇敬した大城神社に詣でます。

 

開催日:2018年1月20日(土)

参加費:8,800円(昼食代・交通費・入館料・講師料・保険料含む)

案 内:大沼芳幸(滋賀県文化財保護協会)

行 程:JR能登川駅(10:30)= 大城神社参拝 = 重伝建・金堂のまちなみ散策、近江商人屋敷の見学 = 昼食「近江商人の祝い膳2018正月」(食事会場:納屋孫)= JR能登川駅(16:00頃)

 

詳細はチラシPDFをご確認ください。

 


お申込み・お問合せ  (一社)東近江市観光協会  TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

 

開催日
平成30年1月20日(土)
場所
     
参加費
8,800円

井伊家

井伊家 ゆかりの地を巡る 《実施済》

東近江歴史探訪

井伊家 ゆかりの地を巡る

 

徳川四天王の一人 井伊直政は

関ヶ原以後 石田三成の居城佐和山城と旧領を西国と京の抑えとして家康から託されます

 

これ以降、明治維新にいたるまで井伊家は譜代筆頭として彦根を中心に湖東から湖北にかけての地30万石を領します

江戸幕藩体制で一度も領地替えのなかった稀有な大名家です

 

二百数十年に及ぶこの間に東近江に刻まれた井伊家ゆかりの地を巡ります

 

開催月日:平成29年12月2日(土)

語  り  部:山本 一博

集合場所:JR能登川駅(9:20集合)

参加費用:7,800円

募集人数:30名(先着順)

主な見学先

栗見新田町・栗見出在家町 百済寺 日登美山荘(昼食)大本山永源寺 松雲寺 近江商人郷土館

 

このツアーの壺

◆井伊家2代当主直孝は、次期当主と目されていた嫡男直滋を突然勘当し、百済寺に幽閉します。謎に包まれた直滋の後半生を、百済寺ご住職のお話とともに辿ります。

◆4代当主直興は、全領民に寄付を募り大洞弁財天堂を建立するなど、仏教と深くかかわりました。また、禅僧南嶺慧詢に深く帰依しており、慧詢が住した永源寺・松雲寺を訪ね、直興関連の歴史に触れます。

◆直線的な道路と均一な間口の屋敷地、彦根藩が実施した新田開発に伴って誕生した都市計画集落があります。愛知川河口の集落、栗見新田町と栗見出在家町です。今も語り継がれる開発の歴史を、地元の方に語っていただきます。

◆昼食は、永源寺ダムに沈むはずだった古民家を利用した日登美山荘にて、人気の地元食材を利用した料理を召し上がっていただきます。

開催日
平成29年12月2日(土)
場所
集合・解散:JR能登川駅
参加費
7,800円(昼食付)

kosodateijuu_2017-01

子育て移住 「はじめの一歩」ツアー 《実施済》

子育て移住 「はじめの一歩」ツアー

 

「安心して子どもを生み、育てることが出来るまち」

子どもと一緒に笑って心が安らいだり、

子どもの成長を目に感動したり、子育ては人生を豊かにしてくれます。

その一方で、つらい事や大変なこともたくさんあります。

東近江市は自然環境を中心に子育て環境に恵まれており、子育て支援制度も整っています。

東近江市はどこに住んだとしても少し移動すればすぐ自然と触れ合うことが出来ます。

また、商業施設や病院も多数存在し、京都・大阪・名古屋等の都市圏にも、1時間程度でアクセスできる好立地です。

「程よい田舎」として魅力から子育て世帯の移住が増えています。

 

開  催  日:11月25日(土)

集合場所:JR能登川駅 または 河辺いきものの森

参加費用:おとな 2,000円、小学生 1,000円(小学生未満無料)

募集人数:20名

スケジュール

JR能登川駅 = 河辺いきものの森(オリエンテーション)= 座談会「うるおいと賑わいの町で子育て」 = 八日市「レンガのえんとつとまれ」(昼食)=里山保育体験 = 空家見学 = あかね幼児園見学 = 河辺いきものの森(解散)= JR能登川駅(解散)

 

 ツアーのポイント

●東近江市への移住経験者の生の声が聞けます。

●子育て現場を見学します(幼児園、里山保育)

●河辺いきものの森で自然環境を実感できます。

●空家バンクの物件見学及び担当者からの話が聞けます。

●昼食は地元で評判の「レンガのえんとつとまれ」にて。

●希望者は農家民泊ができます(別途料金が必要です)。

開催日
平成29年11月25日(土)
場所
     
参加費
おとな 2,000円、小学生 1,000円

白洲正子と近江HP

白洲正子と近江 自然が生み出した美の世界 《実施済》

白洲正子と近江 自然が生み出した美の世界

近江をこよなく愛した白洲正子。彼女は近江の自然についてこのように語っています。

「そういう(近江の)景色を見るたびに私は、日本の自然と歴史のかかわりあいを、想ってみずにはいられない。時には景色の方が、生半可な史料より、確かなことを教えてくれる場合もある。」

 

その1 「水 煌めく旅 白洲正子と辿る水源から琵琶湖への旅」

深い歴史と共に流れる愛知川。その水源から琵琶湖に到る水の流れを、白洲正子の作品を道しるべに辿るゆったりとした旅です。あわせて、水が生み出した様々な幸を味わっていただきます。

開催日:平成29年11月15日(水)・16日(木)

解 説:大沼芳幸

参加料:1泊2日全行程参加39,000円、15日日帰り12,500円、16日日帰り11,500円

行 程

11月15日(水)

JR近江八幡駅 = 鈴鹿の名水・愛知川の源流「京の水」= 奇跡の茶「政所茶畑」= 日登美山荘(昼食)= 君ヶ畑「大皇器地祖神社・木地師工房見学」= 永源寺参拝 = 神の水を醸す酒造見学 = クレフィール湖東(講座・宿泊)

宿泊講座:「水をまもる近江の神々」

11月16日(木)

JR能登川駅 = 河桁御河辺神社 = 五個荘建部神社 = 石馬寺 =(昼食)= 琵琶湖畔散策 = JR能登川駅(解散)

 

その2 白洲正子と愛でる正子「食の美」・「錦秋の自然美」

白洲正子は自然と人間の関係を「私たちには、花一つ、種一つ創造できないのをおもう時」と、自然から離れては生きていけない人の姿を語りかけています。この旅では、知られざる絶景の紅葉を愛で、幻の敏満寺狂言を鑑賞し、さらに、自然の恵みの豊かさを感じさせる、心暖まる料理の数々を頂く、自然の恵みが全身に降り注ぐ旅です。

開催日:平成29年11月26日(日)・27日(月)

解 説:大沼芳幸

参加料:1泊2日全行程参加33,000円、26日日帰り14,000円、27日日帰り11,000円

行 程

11月26日(日)

JR能登川駅 = 教林坊 = 太郎坊宮 = 納屋孫(夕食)= 八日市ロイヤルホテル(宿泊)

夕食:老舗「納屋孫」にて琵琶湖八珍を使った料理

11月16日(木)

JR能登川駅 = 多賀大瀧神社 = 多賀大社奥書院 = 一円屋敷(昼食)= 胡宮神社・敏満寺跡 = JR彦根駅(解散)

 


お申込み・お問合せ  (一社)東近江市観光協会 TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

 

開催日
     
場所
     
参加費
1泊2日全行程参加39,000円、15日日帰り12,500円、16日日帰り11,500円

IMG_8666-2

鎮守の森トレイル 《実施済》

パワーいただきます

鎮守の森トレイル

 

滋賀県有数の「鎮守の森」密集地域である五個荘から八日市にかけてを「鎮守の森巡り」をテーマに歩きます。

さらに地元食材を使った昼食をご用意します。(初級トレッキング)

 

月  日:平成29年11月3日(金・祝)

案  内:大沼芳幸

参加料金:5,000円(昼食代・講師料・保険料を含む)

コース

JR能登川駅集合(9:30)= 七里五箇神社 = 小幡神社 = 大城神社 = 苗村神社 = 建部神社等 = 近江鉄道 八日市駅解散(16:00)

※途中、移動に路線バスを使用いたしますので、予めご了承ください。

 


お問合せ・お申込み  (一社)東近江市観光協会 TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

 

開催日
     
場所
集合:JR能登川駅  解散:近江鉄道 八日市駅
参加費
5,000円

IMG_8122-2

大本山永源寺と木地師のふるさとへの旅 《実施済》

日本遺産認定記念企画

大本山永源寺と木地師のふるさとへの旅

 

日本遺産「琵琶湖と水辺景観」の選定を記念し、大本山永源寺と琵琶湖の源流奥永源寺に近江の魅力を訪ねる旅です。

美しい自然や歴史、信仰に守られた神秘の世界が存在する永源寺地区。時代に左右されることなく悠然と時が流れる集落。四季の彩りがまばゆい一三〇〇年の歴史をひもといて山深い奥永源寺の魅力に触れてみませんか。

 

開催日:平成29年11月11日(土)・11月23日(祝・木)

参加費:9,300円(昼食付)

定 員:25名(先着順)

集 合:JR近江八幡駅(9:30)

コース

近江八幡駅(集合)= 大本山永源寺 = 日登美山荘(昼食)= 木地師資料館・筒井神社 = 木地師工房 = 惟喬親王御陵・筒井千軒跡 = 大皇器地祖神社・高松御所 = 道の駅 奥永源寺渓流の里 = 近江八幡駅(解散)

ツアーのポイント

◆大本山永源寺では通常の拝観に加え、山門での十六羅漢像や井伊直興公墓所などを特別見学します。また、含空院庭園を見ながらお茶席をお楽しみいただけます。

◆個人では行き難い、行っても良さが分かり難い「木地師のふるさと」奥永源寺を、地元ガイドの案内付きで訪ねる旅です。

◆昼食は、永源寺ダムに沈むはずだった古民家を利用した日登美山荘にて、人気の地元食材を利用した料理と、イワナの塩焼きを召し上がっていただきます。

◆木地師のふるさとでは、蛭谷(ひるたに)と君ヶ畑の二つの山間集落を訪ねます。惟喬親王御陵、木地師資料館、筒井神社、大皇器地祖神社、高松御所など惟喬親王伝説の舞台を巡ります。木地師工房では、匠による「ろくろ」技術や作品を見学します。

◆かつて「得体の知れぬ魅力」にとりつかれ、近江を自らの足で歩いた白洲正子の世界を巡ります。君ヶ畑の高松御所(金龍寺)では、代々伝わる「能面」を特別に見学します。

開催日
     
場所
集合・解散:JR近江八幡駅
参加費
9,300円(昼食代込)

IMG_4456

五個荘「三方よし遺産」を巡る 《実施済》

豪商達の心意気と文化が今も漂う町

五個荘「三方よし遺産」を巡る

 

普段は非公開の聚心庵・萬松園・淡海専門学校跡を含む、五個荘の近江商人関連の見所をじっくりと案内付きで巡ります。

昼食は、地元食材を使った近江商人ゆかりの「さと御前」をご用意しています。

 

開催日:平成29年10月8日(日)・10月29日(日)

参加費:3,500円(昼食付)

定 員:30名(先着順)

集 合:ぷらざ三方よし(9:45) ※ぷらざ三方よし前バス停すぐ

コース

ぷらざ三方よし(集合)= 聚心庵 = 萬松園 =(中山道)= 淡海女子実務学校跡 = 紫陽花(昼食)= 大城神社 = 五個荘近江商人屋敷(3館)= 弘誓寺 = 金堂町並み保存交流館 = ぷらざ三方よし(解散)

 

開催日
平成29年10月8日㈰・10月29日㈰
場所
集合・解散:ぷらざ三方よし
参加費
3,500円(昼食付)

依智秦氏

渡来人 依智秦氏 その面影を訪ねる《実施済》

人々の開発を拒み続けてきた愛知川扇状地

ここに鍬を入れたのは、遠く海を越え、東近江へとやってきた渡来の民でした

南北方向に延びる一本の水路「愛智井」はやがて放射状に拡散します

そして、この地に耕地が拡がりました

 

一千数百年前

渡来の民の知恵と技術が原野を耕地へと変えたのです

古墳時代から古代律令国家時代

この地域のリーダーだった依智秦氏の面影を訪ねます

 

開催月日 10月7日(土)

語り部  山本一博

集合場所 JR能登川駅(9:50)

参加費用 7,800円(昼食代込)

募集人数 30名(先着順)

 

主な見学地

依智秦氏の里古墳公園・愛荘町立歴史文化博物館・勝堂古墳群・愛知井流路・畑田廃寺・善明寺

このツアーの壺

◆『日本書紀』記載、百済救援の戦闘「白村江の戦」で奮闘の末戦死した「朴市秦造田来津」は、近江湖東を拠点とした依智秦氏の一員です。今回は渡来人の足跡の多い滋賀県、さらに湖東地域にあって、特に依智秦氏の関連地に絞ってその故地を訪ねます。

◆一般的な古墳の造りとは異なる渡来系の階段式石室の古墳。今回は通常入室できない石室内に許可を得て入室し、その内部から観察していただきます。

◆奈良・平安と続く律令期、依智秦氏は近江国愛知郡の大領として地方運営を任されました。また、文化面でもその功績を物語るものが少なくありません。今回は普段はあまり見学機会のない、依智秦氏ゆかり善明寺の国指定重要文化財の仏さまを拝見します。

◆依智秦氏が技術の粋を尽くして開発した湖東地域扇状地を眼下一望のもと、古代に思いをはせながら「クレフィール湖東」で昼食をいただきます。

※詳細はチラシPDFをご確認ください。


主催:一般社団法人 東近江市観光協会 後援:東近江市教育委員会 特別協力:愛荘町立歴史文化博物館

開催日
平成29年10月7日㈯
場所
     
参加費
7,800円(昼食代込)
1 / 41234