ツアーのご案内

東近江の魅力を楽しめる、おすすめの観光ツアーを企画しています

依智秦氏

渡来人 依智秦氏 その面影を訪ねる

人々の開発を拒み続けてきた愛知川扇状地

ここに鍬を入れたのは、遠く海を越え、東近江へとやってきた渡来の民でした

南北方向に延びる一本の水路「愛智井」はやがて放射状に拡散します

そして、この地に耕地が拡がりました

 

一千数百年前

渡来の民の知恵と技術が原野を耕地へと変えたのです

古墳時代から古代律令国家時代

この地域のリーダーだった依智秦氏の面影を訪ねます

 

開催月日 10月7日(土)

語り部  山本一博

集合場所 JR能登川駅(9:50)

参加費用 7,800円(昼食代込)

募集人数 30名(先着順)

 

主な見学地

依智秦氏の里古墳公園・愛荘町立歴史文化博物館・勝堂古墳群・愛知井流路・畑田廃寺・善明寺

このツアーの壺

◆『日本書紀』記載、百済救援の戦闘「白村江の戦」で奮闘の末戦死した「朴市秦造田来津」は、近江湖東を拠点とした依智秦氏の一員です。今回は渡来人の足跡の多い滋賀県、さらに湖東地域にあって、特に依智秦氏の関連地に絞ってその故地を訪ねます。

◆一般的な古墳の造りとは異なる渡来系の階段式石室の古墳。今回は通常入室できない石室内に許可を得て入室し、その内部から観察していただきます。

◆奈良・平安と続く律令期、依智秦氏は近江国愛知郡の大領として地方運営を任されました。また、文化面でもその功績を物語るものが少なくありません。今回は普段はあまり見学機会のない、依智秦氏ゆかり善明寺の国指定重要文化財の仏さまを拝見します。

◆依智秦氏が技術の粋を尽くして開発した湖東地域扇状地を眼下一望のもと、古代に思いをはせながら「クレフィール湖東」で昼食をいただきます。

※詳細はチラシPDFをご確認ください。


主催:一般社団法人 東近江市観光協会 後援:東近江市教育委員会 特別協力:愛荘町立歴史文化博物館

開催日
平成29年10月7日㈯
場所
     
参加費
7,800円(昼食代込)

秘面 のコピーのコピー

秘境の秘面・帰化人の足跡

白洲正子は、愛知川の上流「奥永源寺・若宮八幡」で古い能面に対面します。

この能面は、御神体として扱われ、普段公開されることはありません。

しかし、年に一度だけ、「虫干し」として蔵から出され、箱の蓋が開けられます。

能面と対面できるチャンスは、この時しかありません。

得難い感動が味わえるはずです。

その他、木地師の村を探訪すると共に、翌日には、白洲正子が興味を寄せた帰化人たちの足跡を東近江に追います。

 

開催日:平成29年9月9日(土)~10日(日)

案 内:大沼芳幸(滋賀県文化財保護協会)

料 金:1泊2日 35,000円、9日日帰り12,000円、10日日帰り10,500円

※ご好評につき、9日日帰りは受付終了いたしました。

スケジュール

9月9日(土):JR近江八幡駅集合(10:00)= 若宮八幡《能面と対面》 = 政所茶《解説付》 = 日登美山荘で昼食《イワナ料理》 = 君ヶ畑・大皇木地祖神社参拝 = 木地師工房見学 = 百済寺奥の院大萩 = 【特別講座】「湖東三山」

宿泊:八日市ロイヤルホテル

9月10日(日):宿舎出発 = 上蚊野古墳群(渡来人稽古墳)= 金剛輪寺 = 近江商人亭(昼食)= 豊満神社 = 瓶手まり = JR能登川駅解散(16:30頃)


お申込み・お問合せ

一般社団法人 東近江市観光協会  TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

開催日
平成29年9月9日㈯~10日㈰
場所
     
参加費
1泊2日:35,000円、9日日帰り:12,000円、10日日帰り:10,500円

就農移住_20170630-1

就農移住「はじめの一歩」ツアー 新しい「農」あるくらし

都市部より移住し、自分なりの「農」あるくらしを始めたい方、関心のある方を対象に就農移住ツアーを開催します。

メロンやぶどう、梨等の産地として知られる東近江市愛東地区で、先輩移住者の経験をもとにしたお話や地元の方とのふれあいを通して、新しい暮らしを見つけられるツアーです。

ぶどうの収穫体験をしていただけるほか、昼食は話題の「野菜花」にて地元食材を使ったお料理も堪能していただきます。

この機会に、少しでも興味のある方はご参加ください。

開催月日 9月2日(土)

集合場所 JR能登川駅 または 菜の花館

参加費用 おとな 2,000円、小学生 1,000円

募集人数 20名

スケジュール

JR能登川駅(集合)= 菜の花館(オリエンテーション)= 座談会「農あるまちで、こんな暮し」(民宿「ぴっかり」にて)= 昼食(野菜花)= 空き家見学 = 新規就農支援者植田農園見学とぶどう狩り体験 = 道の駅あいとうマーガレットステーション直売所見学 = JR能登川駅解散

ツアーのポイント

●移住就農者の生の声が聞けます。

●地元の就農支援者からの経験をもとにした話が聞けます。

●農業体験ができます。(ブドウの収穫体験、お土産付き)

●空き家バンクの物件見学及び担当者からの話が聞けます。

●昼食は話題の農家レストランにて地元食材を使った料理を堪能できます。

●希望者は農家民泊が出来ます。(別途料金が必要)

◆詳細は下記チラシPDFをご参照ください◆


お問い合わせ・お申し込み先

 一般社団法人 東近江市観光協会

〒529-1442 滋賀県東近江市五個荘塚本町279番地

TEL:0748-48-2100  FAX:0748-48-6698

主催:東近江市 協力:NPO法人愛のまちエコ倶楽部 取扱:(一社)東近江市観光協会

開催日
平成29年9月2日(土)
場所
     
参加費
おとな 2,000円、小学生 1,000円

29年度愛東フルーツ

愛東フルーツ物語

愛のまち(東近江市愛東)で、自然の恵みとふれあう

特産地で味わう果実のおいしさと田園ウォーク♪

開催月日:平成29年9月3日(日)・9日(土)

集合場所:道の駅 あいとうマーガレットステーション(9:00集合)

参加費用:おとな(中学生以下) 5,800円、こども(4歳以上小学生)4,800円

募集人数:20名(先着順)

 

ツアーのポイント

◆語り部がご案内

果実づくりの語り部が全行程同行し、果実の見分け方や苦労話等解説付きで歩きます。

◆特産果実を味わう

市場に出回らない果実本来の味を味わえる「完熟」果実の味が楽しめます。

「もぎ取り」で、果実畑でしか味わえない本来の果実のおいしさやみずみずしさを体験します。

◆地元食材を堪能

昼食は昼食は話題の農家レストラン「野菜花」で、地元食材を使った料理をご堪能ください。

◆自然とふれあう

鈴鹿山脈を背に扇状地の雄大な田園地域を歩きます。

◆地元の方々とのふれあい

話題の縁側カフェにも立ち寄ります。地元の方とのふれあいが楽しめます。

◆農家民宿を体験

ご希望の方は、農家民宿をしていただけます。

スケジュール 

道の駅あいとうマーガレットステーション集合 = 梨試食 = ぶどう食べ比べ = 農家で休憩交流 = 梨選果場見学・試食 = 昼食(野菜花)= ぶどう狩り = 道の駅あいとうマーガレットステーション解散

※詳細は下記よりチラシをご確認ください。

お申込み方法:チラシ裏面にございますお申込書にご記入の上、東近江市観光協会までお送りください。


お申込み・お問合せ

一般社団法人 東近江市観光協会

〒529-1442 滋賀県東近江市五個荘塚本町279番地

TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

開催日
平成29年9月3日㈰・9日㈰
場所
     
参加費
おとな 5,800円、こども 4,800円

大沼4-6

美味発見「探水・馳走 水郷伊庭の漁萬膳」を味わう 《実施済》

日本遺産に認定された東近江市伊庭は、水と共に生きる心温まる街です。

伊庭には琵琶湖の幸を取り込んだ豊かで美味しい食の文化があります。

2016年に伊庭に伝わる食文化をアレンジした「水郷伊庭の漁萬膳」の提供を始めました。

今回、伊庭と同じく日本遺産に認定された西の湖の散策と、この「水郷伊庭の漁萬膳」を解説と共に味わって頂きます。

 

開催日:2017年6月10日(土)

語り部:大沼芳幸氏

参加費:10,500円(漁萬膳代を含む)

集 合:JR能登川駅(10:00)

 

漁萬膳


お申込み・お問合せ

一般社団法人 東近江市観光協会

〒529-1442 東近江市五個荘塚本町279番地 TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

開催日
平成29年6月10日㈯
場所
     
参加費
10,500円

八日市線

軍都の廃線跡巡り&八日市線 こだわり旅

当市は市内に13駅を有し、文字道り東近江市の動脈である近江鉄道をテーマにした「近江鉄道こだわり旅」を募集しています。
第二弾は「軍都の廃線巡り&八日市線こだわり旅」として、陸軍八日市飛行場があった頃の飛行場への廃線跡を歩きます。
近江鉄道は「ガチャコン」と呼ばれ親しまれ、沿線住民に愛着を持って受け入れられている近江鉄道の歴史の跡を振り返り、改めて魅力を再発見する旅になります。
両コースとも東近江市に住み、近江鉄道に詳しい鉄道ライター辻良樹氏が全行程同行し、各ポイントにて解説を行います。
昼食は地元食材をふんだんに使った特製弁当を準備。オリジナル1デイ・スマイルチケット(1日フリー乗車券)が付いています。
■開催日:平成29年6月17日・9月30日
■参加費用:4,800円(税込)
■募集人数:各30名
■集合場所:近江鉄道近江八幡駅(JR改札口8:50)
■行程
近江八幡駅(9:12~) = 平田駅~ = 太郎坊宮前駅~ = 新八日市駅~ = 八日市駅~ = 市辺駅~ = 武佐駅~ = 近江八幡駅(15:59解散)

開催日
平成29年6月17日、9月30日
場所
     
参加費
4,800円(税込)

本線HP-1

厳選!近江鉄道本線 こだわり旅

当市は市内に13駅を有し、文字道り東近江市の動脈である近江鉄道をテーマにした「近江鉄道こだわり旅」を募集しています。
第一弾は「厳選!近江鉄道本線こだわり旅」で、米原から貴生川迄の間こだわりのスポットを訪ねて巡ります。
近江鉄道は「ガチャコン」と呼ばれ親しまれ、沿線住民に愛着を持って受け入れられている近江鉄道の歴史の跡を振り返り、改めて魅力を再発見する旅になります。
両コースとも東近江市に住み、近江鉄道に詳しい鉄道ライター辻良樹氏が全行程同行し、各ポイントにて解説を行います。
昼食は地元食材をふんだんに使った特製弁当を準備。オリジナル1デイ・スマイルチケット(1日フリー乗車券)が付いています。
■開催日:平成29年6月3日・9月16日
■参加費用:4,800円(税込)
■募集人数:各30名
■集合場所:近江鉄道米原駅(8:10改札口)、近江鉄道鳥居本駅(8:43改札口)
■行程
米原駅(集合) = 米原駅(8:35発)~ = 鳥居本駅~ = 彦根駅~近江鉄道ミュージアム = 愛知川駅~ = 愛知川橋梁(見学・徒歩)~ = 愛知川コミュニティセンター「るーぶる愛知川」(昼食)愛知川駅~ = 五箇荘駅~ =五箇荘の砂利採り線(見学・徒歩)~ = 五箇荘駅~ = 桜川駅~ = 日野駅~ = 貴生川駅(16:55解散)

開催日
平成29年6月3日、9月16日
場所
     
参加費
4,800円

大沼4-6

パワースポットトレッキング 「見参!磐の神々」 《実施済》

神と遊ぶ

パワースポットトレッキング 「見参!磐の神々」

 

巨磐に宿る自然の神々は、祈りに応え、私たちに様々な力を与えてくれます。

磐はまさしく神のオーラがみなぎるパワースポットです。

東近江はとりわけ、たくさんの磐の神々がいます処。

今回は、これらの神々に汗をかきつつ歩いて見えたいと思います。

 

開  催  日:平成29年5月27日(土)

集合場所:近江鉄道 市辺駅(9:00)

語  り  部:大沼芳幸氏(近江ヒストリカルマイスター)

コ  ー  ス:市辺駅(集合)= 船岡山阿賀神社 = 岩戸山参道 = 岩戸山十三仏 = 小脇山城 = 赤神山 = 太郎坊宮 = 太郎坊宮駅前(解散)

※トレッキングになりますので、山歩きの経験者のみ参加をお願いします。装備も山歩きの装備でご参加願います。


お申込み・お問合せ

一般社団法人 東近江市観光協会

〒529-1442 東近江市五個荘塚本町279番地 TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

開催日
平成29年5月27日㈯
場所
     
参加費
2,800円

国衆HP-1

近江湖東の国衆 その故地を巡る 《実施済》

東近江 歴史探訪の旅

信長に付くか抗するか決断迫られた 近江湖東の国衆 その地を巡る

―蒲生氏と鯰江氏―

 

永禄11年(1568)

織田信長は足利義昭の上洛を支援し、近江の地へと進攻した近江守護六角氏は抗戦の構えをとる

この時、近江湖東の国衆は織田あるいは六角いずれに組するのか二者択一に迫られた

織田をとった蒲生氏  六角をとった鯰江氏

その後の歴史も含め両氏の故地とその周辺を巡ります

 

開催月日:平成29年5月21日(日)

語  り  部:山本一博氏(元東近江市史編纂室長)

集合場所:JR能登川駅(9:50)

参加費用:8,800円(税込)

募集人数:30名(先着順)

主な見学先

◆鯰江城跡 ◆井元城跡 ◆野菜花(昼食) ◆中野城跡 ◆信楽院 ◆蒲生氏郷公銅像

 

お申し込み方法

チラシPDFを下記よりダウンロードしてください。

チラシ裏面下部がお申込書となっておりますので、FAXまたは郵送等でお申し込みください。


お申込み・お問合せ

一般社団法人 東近江市観光協会

〒529-1442 滋賀県東近江市五個荘塚本町279番地 TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

 

開催日
平成29年5月21日(日)
場所
     
参加費
8,800円

名称未設定-1

日本遺産『琵琶湖と水辺景観』と旧城下町めぐり 《実施済》

近江の歴史は琵琶湖と深く関わっています。

このツアーでは、戦国時代の人々が琵琶湖とどのように関わったのか、

水辺の三つのまちを訪ね、三者三様のまちの様子に触れていただきます。

開催日:平成29年5月20日(土)
語り部:松下 浩
行程:能登川駅集合 = 水郷の伊庭集落 = 安土旧城下町 = 旧伊庭家住宅(昼食) = 西の湖遊覧 = 近江八幡(八幡堀・日牟禮神社・新町道り) = 近江八幡駅解散(16時半頃)


お問合せ・お申込み

(一社)東近江市観光協会 TEL:0748-48-2100

開催日
平成29年5月20日(土)
場所
     
参加費
9,700円(税込)

大沼4-6

覇王「織田信長」とこれを見つめた者《実施済》

戦国に遊ぶ

覇王「織田信長」とこれを見つめた者

 

戦乱の世に終止符を打った「織田信長」。覇王への道筋とその思想を、これまであまり知られていなかった城郭や寺院を通して解説します。

さらに、信長の思想を秀吉・家康がどの様に受け継いだのかを、八幡山城・彦根城を通して解説します。

 

開催日:平成29年4月15日(土)・16日(日)

案 内:大沼芳幸氏

行 程

4/15 第1部「信長の足跡を追う」

JR能登川駅(集合)= 青山城 = 百済寺城 = 井元城 = 石馬寺 = 納屋孫(夕食)= 能登川アズイン(宿泊)

◆夕食は、中世の武家の儀礼である「式三献」を元に、近江商人が婚礼の際に振る舞った祝い膳をアレンジした料理と解説を共に味わいます。

※青山城は大変足元が悪いので、しっかりした足回りと服装で参加願います。

 

4/16 第2部「覇王織田信長とこれを継ぐ者」

宿舎 = 伊庭 = 超光寺 = 八幡山城 = 彦根城 = JR彦根駅(解散)

 


お問合せ・お申込み

(一社)東近江市観光協会 TEL:0748-48-2100

開催日
平成29年4月15日㈯・16日㈰
場所
     
参加費
1泊2日:34,000円、15日日帰り:15,800円、16日日帰り:10,500円

東近江チラシ01

『信長公記』を片手に信長と歩く近江 「近江攻略と安土城・安土饗応膳」 《実施済》

 『信長公記』を片手に信長と歩く近江

「近江攻略と安土城・安土饗応膳」

 

織田信長その者は人か?魔か?或いは神か?

 

織田信長は何を目指し近江の地に安土城を造ったのか?

その過程と結果を近江攻略戦の舞台と安土城から徹底的に検証します。

全行程を『信長が見た近江 信長公記を歩く』の著者、元滋賀県立安土城考古博物館副館長の大沼芳幸氏が同行し、『信長公記』を読みながら解説します。

また夕食には、天正10年6月、本能寺の変の直前に信長が徳川家康等をもてなした「安土饗応膳」の内、初日に饗した「をちつき膳」を元に調理した特別料理を、解説と共に賞味して頂きます。

 

◆開催日:2017年3月12日(日)・13日(月)

◆参加費:1泊2日35,400円、12日日帰り9,500円、13日日帰り8,700円

 ※12日日帰りには、「織田信長安土饗応膳」は含まれません。

◆行程

3月12日(日)

JR近江八幡(10:00集合)= 佐生日吉城 = 納屋孫(昼食)= 観音正寺城 = 桑實寺 = 安土城天主信長の館 = 休暇村近江八幡(講座・宿泊)= 「織田信長安土饗応膳」を味わう

3月13日(月)

休暇村近江八幡発(9:30)= JR安土駅 = 安土城下町散策 = 魚石〈安土料理〉(昼食)= 安土城徹底探訪 = JR近江八幡駅解散

 ※探訪は『信長公記』を読みながら行います。

 ※二日間と山歩きがありますので、トレッキングシューズを着用してください。

 ※雨具をご持参ください。

 ※天候の状況により、工程を変更する場合があります。

開催日
平成29年3月12日(日)・13日(月)
場所
     
参加費
1泊2日:35,400円、12日日帰り:9,500円、13日日帰り:8,700円
1 / 3123