御河辺祭

期間

 3月第3日曜日

投稿日:2014/06/20

【エリア】八日市・蒲生

画像をクリックすると拡大して表示されます

河桁御河辺神社(かわけたみかべじんじゃ)の例祭で、その起源は古く、奈良時代末期に始まったと伝えられています。もとは、2月の初午の日に行われていましたが、現在は3月16日に近い日曜日に行われています。この日に雪が降れば豊作といわれています。祭は、選ばれた頭人が奉仕するもので、前日の宵祭は頭人が袴を着用し、若衆たちが手に手に持つ提灯に囲まれて神社に参入し、ミクジ取りなどの祭事が行われます。当日は、この頭人が乗馬し、若衆連に囲まれながら宮入りし、御輿1基と馬8頭による行列を組み、2里余りの道程を練り歩きます。途中、御旅所若松天神社で祭事があり、また、妙法寺地先でも頭人の馬駆けが行われます。

開催日 3月第3日曜日
時間
場所

神田町/河桁御河辺神社

URL
お問い合わせ

友達に情報を送る

LINEで送る