見る

外観写真

【エリア】八日市・蒲生

世界凧博物館東近江大凧会館
せかいたこはくぶつかんひがしおうみおおだこかいかん

家族で楽しめる凧の博物館。
100畳サイズの東近江大凧と日本各地の郷土凧と伝統凧、カラフルでユニークな世界の凧を展示。
簡単な凧つくりの体験をすることもできます。
1枚300円。

0822

【エリア】八日市・蒲生

山部神社(赤人寺)
やまべじんじゃ・しゃくにんじ

当地は、万葉の歌人、山部赤人が生涯を閉じた地と伝わる。境内の「赤人桜」は、赤人が桜の枝に冠をかけたところ、はずれなくなり、そのままこの地に永住したと伝えられている。鎌倉時代の石造七重塔は、重要文化財。

0822

【エリア】八日市・蒲生

石塔寺
いしどうじ

開基は聖徳太子とされる。境内の石造三重石塔は、奈良時代前期の作とされ重要文化財である。寺伝では、平安時代、唐に留学した寂照が近江国にも阿育王の石塔の1つが埋まっていると聞き、掘り当てたのがこの塔であるといわれている。

善勝寺2

【エリア】能登川・五個荘

善勝寺
ぜんしょうじ

聖徳太子の叔父良正を開基とし、創建当初は釈善寺と号したが、坂上田村麻呂の東征勝利にちなんで善勝寺に改められたとされる。もとは天台寺院として七十余坊の大伽藍を擁したが、織田信長の焼打ちにより曹洞宗に改宗した。

0822

【エリア】能登川・五個荘

北向岩屋十一面観音
きたむきいわやじゅういちめんかんのん

繖山山頂の巌窟内にある石造りの観音像。奈良時代に安置されたと伝わり、合掌の手に数珠をかけた石仏は珍しい。由緒によると、安政の頃から千日会が執行され、毎年7月17日に千日会法要が盛大に勤行される。

0822

【エリア】能登川・五個荘

石馬寺
いしばじ

当寺は、聖徳太子が建立した1400年の歴史を有する古刹で、風情ある苔むした石段や石庭のほか、国の重要文化財に指定されている主に平安時代に作られた仏像群など、多くの見どころがあります。

豊国神社

【エリア】湖東・愛東・永源寺

豊国神社
とよくにじんじゃ

「厄除八幡さん」と呼ばれて信仰を集めている。毎年1月18日から20日に行われる厄除大祭は、多くの参拝客で賑わう。本殿は、寛政2年(1790)の建築で、市指定文化財。

0822

【エリア】湖東・愛東・永源寺

押立神社
おしたてじんじゃ

押立郷の総社で、地元では「大宮さん」と親しまれる。南北朝時代建立の本殿と大門はいずれも重要文化財。60年に一度の大祭「ドケ祭」は、鬼の面を被り、太鼓を持った踊り手が囃子に合わせて踊る奇祭。

0822引接寺

【エリア】湖東・愛東・永源寺

引接寺
いんじょうじ

毎年8月22日に行われる万燈供養は、百済寺山周辺から集められた石仏約6000体に灯りを捧げて供養する行事で、夏の風物詩として有名。毘沙門天像は市指定文化財。

0822

【エリア】湖東・愛東・永源寺

百済寺(湖東三山 国史跡)
ひゃくさいじ(ことうさんざん くにしせき)

百済寺は聖徳太子創建の近江最古級寺院で、東の熱田神宮、西の太郎坊・次郎坊(鞍馬)等と共に北緯35.1度の「パワーライン」上に位置しています。
「フロイスが地上の天国一千坊」と称賛した広大な境内は「四季百彩」の美で包まれた洗心の場です。

0822

【エリア】湖東・愛東・永源寺

筒井神社
つついじんじゃ

貞観7年(865)、惟喬親王が宇佐八幡神を勧請し、筒井峠に建立されたと伝わり、後に当地に遷された。かつて「筒井公文所」の名で、君ケ畑の高松御所とともに全国の木地師を支配していた。氏子狩帳は県指定民俗文化財。

0822

【エリア】湖東・愛東・永源寺

大皇器地祖神社
おおきみきじそじんじゃ

寛平10年(898)の創祀と伝わり、木地師の祖として惟喬親王を祀る。親王の幽棲地とされる隣接の金龍寺は「高松御所」として蛭谷の筒井公文所とともに、全国の木地師を支配していた。氏子狩帳は県指定民俗文化財。

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

6c29bbe57a6275547723efb180a26fcc

毎年5月4日

伊庭の坂下し祭り

伊庭の坂下しまつり(いばのさかくだしまつり) 毎年5月4日に・・・

すべてのイベントを見る

光澤寺ひな人形

秋・冬ルート

近江商人博物館

てんびん棒一本から豪商に立身出世した近江商人の全て たくさん

すべてのルートを探す