秘境の秘面・帰化人の足跡

期間

 平成29年9月9日㈯~10日㈰

投稿日:2017/08/09

イベントピックアップ

画像をクリックすると拡大して表示されます

白洲正子は、愛知川の上流「奥永源寺・若宮八幡」で古い能面に対面します。

この能面は、御神体として扱われ、普段公開されることはありません。しかし、年に一度だけ、「虫干し」として蔵から出され、箱の蓋が開けられます。

能面と対面できるチャンスは、この時しかありません。

得難い感動が味わえるはずです。

その他、木地師の村を探訪すると共に、翌日には、白洲正子が興味を寄せた帰化人たちの足跡を東近江に追います。

 

開催日:平成29年9月9日(土)~10日(日)

案 内:大沼芳幸(滋賀県文化財保護協会)

料 金:1泊2日 35,000円、9日日帰り12,000円、10日日帰り10,500円

※ご好評につき、9日日帰りは受付終了いたしました。

スケジュール

9月9日(土):JR近江八幡駅集合(10:00)= 若宮八幡《能面と対面》 = 政所茶《解説付》 = 日登美山荘で昼食《イワナ料理》 = 君ヶ畑・大皇木地祖神社参拝 = 木地師工房見学 = 百済寺奥の院大萩 = 【特別講座】「湖東三山」

宿泊:八日市ロイヤルホテル

9月10日(日):宿舎出発 = 上蚊野古墳群(渡来人稽古墳)= 金剛輪寺 = 近江商人亭(昼食)= 豊満神社 = 瓶手まり = JR能登川駅解散(16:30頃)

募集用チラシ・詳細はこちらをご確認ください。

開催日 平成29年9月9日㈯~10日㈰
時間
場所
URL
お問い合わせ

(一社)東近江市観光協--会-

TEL:0748-48-2100


友達に情報を送る

LINEで送る