見る

能登川・五個荘エリア

伊庭の水辺景観
いばのみずべけいかん

伊庭は、湖東平野に残る水郷集落のひとつ。 その歴史は古く、“保元元年(1156年)、源為義が崇徳上皇からこの地を賜った”という記録が確認されています。 伊庭川から引かれた水路は町中を縦横に巡り、豊かな水量と清らかな水質が内湖と繋がり、 人々の生活を今も支えており、人々の生活が水とともにあったことも実感できます。 石垣でつくられた水路には鮮やかな錦鯉が泳ぎ、またとない風情を醸し出す風景です。

湖東・愛東・永源寺エリア

こども交通公園
こどもこうつうこうえん

「こども交通公園」はEVカーやラジコントラックの運転体験などをとおして、交通安全を遊びながら学べる施設です。

湖東・愛東・永源寺エリア

東光寺
とうこうじ

浄土宗の中本山格の寺で、白鹿背山巨徳院東光寺という。寺伝によると、聖徳太子が薬師如来を安置するために本堂を建立し、恵心僧都源信が入寺して以降、天台宗となる。永禄年間の兵火で荒廃していた寺を、深誉円知上人によって再興され、浄土宗となる。三度の火災に遭い、明治26(1893)年に、営誉経海上人によって再建され、現在まで至っている。

八日市・蒲生エリア

野々宮神社
ののみやじんじゃ

延暦2年(783)の創建と伝わる日吉社系の古社。かつては野々子荘13ヵ村の総社とされ、5つの別当坊があったと伝える。社宝に鎌倉期の狛犬一対、室町期の懸仏があり、ともに市の市指定文化となっている。

能登川・五個荘エリア

大濱神社
おおはまじんじゃ

伊庭郷の氏神で、境内にある葦葺きの仁王堂は県指定文化財。仁王堂には伊庭祭の「坂下し」で用いられる三社の神輿が収められ、祭の中心的な場である。

八日市・蒲生エリア

湧泉寺
ゆうせんじ

高さ約4.5メートルの重厚な石造九重塔は、鎌倉時代永仁3年(1295)の建立で重要文化財。塔身の銘文に「興隆寺」と刻まれているが、涌泉寺との関係とともに、もとからこの地に造立されたのか、ここに移設されたのかは不明。

八日市・蒲生エリア

高木神社
たかぎじんじゃ

高木神社本殿と境内社日吉神社本殿は、ともに室町時代後期の建築で重要文化財。毎年4月の大祭は、ケンケト祭として有名で「カンカ」と呼ばれる子どもの囃子と長刀振りが奉納される。(国選択無形民俗文化財)

湖東・愛東・永源寺エリア

北花沢と南花沢のハナノキ
きたはなざわとみなみはなざわのはなのき

ハナノキはカエデ科の落葉性広葉高木でハナカエデとも呼ばれます。北花沢と南花沢にあるハナノキは、ともに自生する巨木の最西端として大正一三年に国の天然記念物に指定されています。これらの木々は今から一三〇〇年余り前、百済寺を建立しての帰りに聖徳太子がこの地で昼食をとり、その折、使っていた箸を地面にさされ、その箸が成長してハナノキになったという伝説があります。南花沢のハナノキは「新・日本名木一〇〇選」に選定され、ハナノ

能登川・五個荘エリア

紅葉公園
こうようこうえん

紅葉公園は、近江商人の塚本仲右衛門が、私財を投じ、自然の地形を生かして、100年前に造園しました。その名からも知られるとおり、晩秋の紅葉は見事なもので、山全体が赤や黄色に染まる姿は、人々の心をなごませてくれます。紅葉は楓が中心です。

 

能登川・五個荘エリア

gallery Hakmokren
ぎゃらりー はくもくれん

ギャラリーでは年間に約6回の企画展示を行い、現代美術工芸作家の作品を1ヵ月単位で展示しています。和空間ならではの展示をお楽しみ下さい。

美術工芸作家の作品販売と古道具、骨董品の販売もございます。

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

平成30年12月2日(日)

太郎坊宮お火焚大祭

お火焚大祭は、除災招福(じょさいしょうふく)の神として知られ・・・

すべてのイベントを見る