ツアーのご案内

東近江の魅力を楽しめる、おすすめの観光ツアーを企画しています

CIMG3215

水辺の集落として栄えた村 伊庭の歴史にふれる 《実施済》

 東近江市商工会女性部発!  

  水辺の集落として栄えた村

     伊庭の歴史にふれる

琵琶湖の風を感じながら、伊庭の歴史にふれながらのハイキングです。

■開催日 平成27年11月18日(水)

■受付・集合場所

      能登川水車とカヌーランド

      ( 受付/9:00~ 出発/9:30  解散/14:30頃 )

■参加費 2,000円(昼食・保険料などを含む)

■定員  40名

おすすめポイント

・「伊庭庄の歴史を語る会」の案内で、水辺の集落として大いに栄えた伊庭地区を歩きます。

・あぜ道カフェでおもてなし (能登川水車とカヌーランドから伊庭に行く途中でちょっと一息)

・舟体験 ※希望者のみ。また、天候などにより中止することがあります。

・能登川水車とカヌーランドでは、地元の特産品を販売します。

詳しくは下記チラシPDFをご覧ください。

【お申込み先】

一般社団法人 東近江市観光協会

〠529-1442 滋賀県東近江市五個荘塚本町279

電話 0748-48-2100  FAX0748-48-6698

E-mail info@higashiomi.net

開催日
平成27年11月18日(水)
場所
     
参加費
2,000円

DCIM3949

白洲正子が魅せられた国「近江」 《実施済》

ビワイチプレミアム

白洲正子が魅せられた国「近江」

白洲正子は、近江をこよなく愛し、度々足を運び、数々の名作を世に送り出しました。

その作品は、今なお色褪せることなく、私たちに「日本人の心」を語りかけてくれます。

近江の何が、彼女を魅了したのでしょうか?

今回の企画は、今なお生き続けている、白洲正子を魅了した近江の歴史・文化遺産を講師の解説と共に辿るものです。また、夕食前に、講師による白洲正子と近江に関する特別講座を開講します。

『かくれ里』その原点を訪ねる

名作『かくれ里』は、近江の甲賀から始まります。さらに白洲正子は、この中で東近江地区に点在する石の文化に触れ、古き神々と人の交流に思いを馳せたのです。このツアーは、“真空地帯のような”と表現された『かくれ里』に息づく文化遺産群を探訪します。

■開催日

 2015年12月4日(金)・5日(土)

■参加費

 両日参加(1泊2日)   33,000円

 1日目のみ(4日日帰り) 11,000円

 2日目のみ(5日日帰り) 11,000円

■全行程の案内と講座

 近江マイスター 大沼芳幸

■定員

 40名

■コース(詳細は下記チラシPDFをご参照ください)

 1日目(12月4日)

  近江八幡駅集合(10:00) ⇒ 教林坊 ⇒ 昼食〈納屋孫〉 ⇒ 石馬寺 ⇒ 太郎坊

  ⇒ 宿泊講座 「かくれ里に見る信仰の原点」〈クレフィール湖東〉

 2日目(12月5日)

  石塔寺 ⇒ 油日神社 ⇒ 昼食〈錦茶屋〉 ⇒ 櫟野寺 ⇒ 阿弥陀寺 ⇒ 瀬古薬師寺

  ⇒ 近江八幡駅解散

 ※2日目のみ参加の方は、8:20にJR能登川駅に集合願います。

 ※1室1名でのご利用(シングルユース)の場合は旅行代金に1,800円が加算されます。

 ※日帰り参加者は、JR能登川駅までお送りします。(予定18:45)

【お問い合わせ・お申込み先】

一般社団法人 東近江市観光協会

〠529-1442 滋賀県東近江市五個荘塚本町279

電話 0748-48-2100  FAX0748-48-6698

開催日
平成27年12月4日(金)・5日(土)
場所
     
参加費
両日参加(1泊2日)33,000円、4日のみ(日帰り)11,000円、5日のみ(日帰り)11,000円

移住体験ツアー確定-1のコピー

びわこの東側 就農移住「はじめの一歩」ツアー ~新しい「農」あるくらし~ 《実施済》

びわこの東側 就農移住「はじめの一歩」ツアー

~新しい「農」あるくらし~

 

都市部から農業をテーマとした移住を促進するために、東近江市および日野町において、就農移住「はじめの一歩」ツアー~新しい「農」あるくらし~を下記のとおり開催します。

 

当日は、朝JR能登川駅に集合し、東近江市愛東地区において就農支援を行っているNPO法人愛のまちエコ倶楽部からの事例紹介や、実際に移住し農業を営まれている人の事例紹介を行います。午後からは日野町で空家物件の見学を行います。

 

 

開催月日  平成27年11月29日(日)

集合場所  JR能登川駅(9時20分集合、9時30分出発)

または 道の駅あいとうマーガレットステーション(9時50分集合)

参加費用  大人 2,000円、小学生 1,000円、小学生未満 無料

募集人員  20人

 

【お問い合わせ・お申込み先】

一般社団法人 東近江市観光協会

〠529-1442 滋賀県東近江市五個荘塚本町279

電話 0748-48-2100  FAX0748-48-6698

 

主催:滋賀移住・交流促進協議会(滋賀県委託事業)

協力:NPO法人愛のまちエコ倶楽部 日野観光協会 東近江市観光協会

後援:エフエム京都

開催日
平成27年11月29日(日)
場所
東近江市・日野町
参加費
2000円

P3:百済寺仁王門

聖徳太子 伝承の地を巡る 《実施済》

日本古代史上 もっとも謎に満ちた人物 聖徳太子

全国各地にのこるその伝承地

とりわけ滋賀には多く なかでも集中する東近江

その背景にあるものは・・・

 

 

■月日

2015年10月10日(土)

■語り部

山本 一博 氏

■コース

JR能登川駅 西口→ぷらざ三方よし→瓦屋寺→百済寺→南北花沢ハナノキ→恵美須溜の楊→あかそばの郷(昼食)→石馬寺→善勝寺→安楽寺→JR能登川駅→ぷらざ三方よし

■参加費

6,800円(昼食代込み)

■定員

30名

■集合場所

JR能登川駅 または ぷらざ三方よし

 

 

【お問い合わせ・お申込み先】

一般社団法人 東近江市観光協会

〠529-1442 滋賀県東近江市五個荘塚本町279

電話 0748-48-2100  FAX0748-48-6698

開催日
平成27年10月10日
場所
     
参加費
6800円

IMG_3996

信長公記を片手に信長と歩く近江 《実施済》

織田信長は、天下統一の拠点として琵琶湖の畔に安土城を築城します。

何故ここに?この謎を解くには、近江における信長の行動をトレースしてみる必要があります。

特に、東近江地区は信長の思想と戦略を知る上で欠くことのできない史跡がたくさん残されています。

今回の探訪企画は、信長の行動を克明に記した『信長公記』から、東近江地区に関連する部分を抽出し、

その記述にそって「信長が見たもの」「信長を見たもの」を巡る新しい切り口の戦国探訪です。

信長の視線で近江を再発見してください。

また、2日目の昼食では、天正十年安土饗応膳の一部をアレンジした戦国の美味を味わって頂きます。

■月日

 2015年9月12日(土)・13日(日)

■語り部

 大沼 芳幸(近江マイスター)

■コース

 1日目(12日) 天下布武への足がかり

  JR能登川駅(集合)→佐生日吉城→石馬寺→「湖国料理」納屋孫(昼食)→井元城→甲津原→高野城

  宿泊:クレフィール湖東〈宿泊講座〉

     〈講座〉信長神の神殿「安土城」 ●講師…大沼芳幸

     〈夕食〉「近江牛・陶板焼と地元食材を活かした会席コース」

 2日目(13日) 信長神への道

  百済寺城→伊庭→宮ヶ浜→天正10年安土饗応膳(昼食)→安土城→JR能登川駅(解散)

■参加費

 両日参加(1泊2日):31,000円  ※両日とも日帰りの参加も可能です。

 12日のみ:8,800円  ※1日目日帰り参加の方は、講座終了後、JR能登川駅までお送りします。

 13日のみ:9,700円  ※2日目日帰り参加の方は、JR能登川駅集合となります。

 ※日帰りコースには昼食を含みます。1泊2日コースには朝食①・昼食②・夕食①を含みます。

  一人部屋追加料金1,800円

■定員 30名・先着順

【お問い合わせ・お申込み先】

一般社団法人 東近江市観光協会

〠529-1442 滋賀県東近江市五個荘塚本町279

電話 0748-48-2100  FAX0748-48-6698

開催日
平成27年9月12日(土)・13日(日)
場所
     
参加費
両日参加(1泊2日)31,000円、12日のみ(日帰り)8,800円、13日のみ(日帰り)9,700円

えんたいごう

「消えた飛行場」 八日市飛行場と周辺戦争遺跡を探る 《実施済》

 

終戦70周年記念

消えた飛行場

八日市飛行場と周辺戦争遺跡を探る

■見学コースのご案内

大正3年(1914年)、全国初の民間飛行場がつくられ、その後、行政と地域住民による強力な誘致活動により、大正11年(1922年)全国第三番目の陸軍飛行場が沖野ガ原に誕生しました。

しかし、太平洋戦争の勃発と共に「自慢」であったはずの飛行場は住民にとって「恐怖」の対象となりました。戦後70年、当時本土決戦に備えていた軍部の方針の跡を、陸軍八日市飛行場の遺跡をたどりつつ学びます。

■おすすめポイント

1.東近江市に残る八日市飛行場跡地及び周辺の戦争遺跡を探ります。

2.中島伸男氏が語り部として遺跡や当時の様子を解説いたします。

3.掩体壕はコンクリート造りのものだけでなく、土塁を含めた掩体豪群を見学します。

4.平和祈念館にて戦時食の試食、戦争体験談、当時の飛行場記録フィルムの上映等を行います。

5.陸軍射撃演習場跡も見学します。

■語り部

  中島 伸男氏

■月日

  8月2日(日)、29日(土)

■参加費

  6,500円

■募集人数

  各35名

■集合場所

   JR琵琶湖線 能登川駅 または ぷらざ三方よし

■スケジュール

JR能登川駅=ぷらざ三方よし=冲原神社(飛行隊門柱)=飛行場正門前=布引山麓掩体壕群(掩体壕、土塁の見学)=陸軍射撃演習場跡= 八日市ロイヤルホテル(昼食)=滋賀県平和祈念館(館内見学、戦時食の試食等)= 愛東マーガレットステーション(お買いもの)=ぷらざ三方よし=JR能登川駅

【お問合せ・お申込先】

一般社団法人東近江市観光協会

〠529-1442 滋賀県東近江市五個荘塚本町279

電話 0748-48-2100  FAX0748-48-6698

開催日
8月2日(日)、29日(土)
場所
東近江市周辺
参加費
6,500円

ID22

ボランティアガイドと巡るひな人形満喫の旅 《実施済》

 

 

平成27年3月15日(日)

参加費料 3,800円(事前予約制)

集合場所 五個荘ぷらざ三方よし

集合時間 10:30

 

☆近江商人発祥の地として知られる東近江市五個荘地区の重要伝統的建造物群保存地区の町並みを生かし、「商家に伝わる雛人形」を展示公開します。近江商人の本宅で大切に受け継がれてきた歴史ある雛人形や地元人形師による創作雛人形など約100組をご覧いただけます。

 

見学先 外村繁邸、外村宇兵衛邸、中江準五郎邸、 観峰館、近江商人博物館、金堂まちなみ保存交流館

 

見どころ

☆「商家に伝わるひな人形めぐり」展示会場6ヵ所を巡り満喫するコースです。

☆五個荘のボランティアガイドが案内します。

☆昼食は、蔵の食事処「楽ごろうえもん」でひな御膳をいただきます。

☆近江商人博物館では学芸員からひな人形やひな祭りのひなトークを聞きます。

☆ひな一筆箋のお土産付き

 

予約先 (一社)東近江市観光協会

〒529-1442

滋賀県東近江市五個荘塚本町279番地

電話0748-48-2100 FAX0748-48-6698

開催日
2015年3月15日
場所
東近江市五個荘
参加費
3800円

心潤すチラシ01

心潤す琵琶湖・水の旅 《実施済》

 

  近江は琵琶湖を中心とした水の小宇宙。水の誕生する鈴鹿の山懐をスタートし、平野を流れる川と共に降り、琵琶湖に浮かぶ。白洲正子の「かくれ里」等にも紹介されている壮大な水の旅を文化遺産と共に辿ります。奥永源寺に木地師を訪ね、伊崎寺では上原行照大阿闍梨による「大黒天浴餅供」に参列。 3日目は貸切船で琵琶湖を巡り、沖島、多景島にも上陸します。

 

 

■月 日   3月21日(土)~3月23日(日)

■コース

1日目   JR近江八幡駅出発(13:00)、喜多酒造、奥永源寺「木地師の村」、鈴鹿の名水「京の水」

宿泊  八日市ロイヤルホテル

2日目   教林坊、石馬寺、納屋孫(昼食)、伊崎寺(大阿闍梨による大黒天浴餅供に参列)

宿泊  休暇村近江八幡

3日目   沖島、彦根港、彦根藩下屋敷庭園、多景島、長命寺港  近江八幡駅解散

 

■語り部  大沼 芳幸(近江マイスター)

■参加費         全コース( 2泊3日)48,000円

(日帰り参加)1日目 5,700円・2日目 9,800円・3日目 8,500円

 

予約、問い合わせ先  (一社)東近江市観光協会

〒529-1442 

滋賀県東近江市五個荘塚本町279番地

電話 0748-48-2100   FAX0748-48-6698

開催日
2015年3月21日、22日、23日
場所
東近江市、近江八幡市、彦根市他
参加費
全コース48,000円  (日帰り参加)1日目 5,700円・2日目 9,800円・3日目 8,500円
2 / 212