ツアーのご案内

東近江の魅力を楽しめる、おすすめの観光ツアーを企画しています

八日市線

軍都の廃線跡巡り&八日市線 こだわり旅 《実施済》

当市は市内に13駅を有し、文字道り東近江市の動脈である近江鉄道をテーマにした「近江鉄道こだわり旅」を募集しています。
第二弾は「軍都の廃線巡り&八日市線こだわり旅」として、陸軍八日市飛行場があった頃の飛行場への廃線跡を歩きます。
近江鉄道は「ガチャコン」と呼ばれ親しまれ、沿線住民に愛着を持って受け入れられている近江鉄道の歴史の跡を振り返り、改めて魅力を再発見する旅になります。
両コースとも東近江市に住み、近江鉄道に詳しい鉄道ライター辻良樹氏が全行程同行し、各ポイントにて解説を行います。
昼食は地元食材をふんだんに使った特製弁当を準備。オリジナル1デイ・スマイルチケット(1日フリー乗車券)が付いています。
■開催日:平成29年6月17日・9月30日
■参加費用:4,800円(税込)
■募集人数:各30名
■集合場所:近江鉄道近江八幡駅(JR改札口8:50)
■行程
近江八幡駅(9:12~) = 平田駅~ = 太郎坊宮前駅~ = 新八日市駅~ = 八日市駅~ = 市辺駅~ = 武佐駅~ = 近江八幡駅(15:59解散)

開催日
平成29年6月17日、9月30日
場所
     
参加費
4,800円(税込)

本線HP-1

厳選!近江鉄道本線 こだわり旅 《実施済》

当市は市内に13駅を有し、文字道り東近江市の動脈である近江鉄道をテーマにした「近江鉄道こだわり旅」を募集しています。
第一弾は「厳選!近江鉄道本線こだわり旅」で、米原から貴生川迄の間こだわりのスポットを訪ねて巡ります。
近江鉄道は「ガチャコン」と呼ばれ親しまれ、沿線住民に愛着を持って受け入れられている近江鉄道の歴史の跡を振り返り、改めて魅力を再発見する旅になります。
両コースとも東近江市に住み、近江鉄道に詳しい鉄道ライター辻良樹氏が全行程同行し、各ポイントにて解説を行います。
昼食は地元食材をふんだんに使った特製弁当を準備。オリジナル1デイ・スマイルチケット(1日フリー乗車券)が付いています。
■開催日:平成29年6月3日・9月16日
■参加費用:4,800円(税込)
■募集人数:各30名
■集合場所:近江鉄道米原駅(8:10改札口)、近江鉄道鳥居本駅(8:43改札口)
■行程
米原駅(集合) = 米原駅(8:35発)~ = 鳥居本駅~ = 彦根駅~近江鉄道ミュージアム = 愛知川駅~ = 愛知川橋梁(見学・徒歩)~ = 愛知川コミュニティセンター「るーぶる愛知川」(昼食)愛知川駅~ = 五箇荘駅~ =五箇荘の砂利採り線(見学・徒歩)~ = 五箇荘駅~ = 桜川駅~ = 日野駅~ = 貴生川駅(16:55解散)

開催日
平成29年6月3日、9月16日
場所
     
参加費
4,800円

古琵琶湖層HP-1

愛知川と日野川 そして古琵琶湖層 《実施済》

東近江歴史探訪の旅

愛知川と日野川 そして古琵琶湖層

― 三位一体の地形と景観をみる ―

 

鈴鹿から琵琶湖までの市域をもつ東近江

そこには多用な地形と景観が展開する

隆起した鈴鹿を侵食し、土砂を運搬する愛知川と日野川

その眼前に広がるのは、250万年前の堆積 古琵琶湖層

その三者が、隆起 沈降 侵食 堆積を絡め、造り上げた地形と景観を巡ります

 

開 催 日 :平成29年6月4日(日)

語 り 部 :山本一博氏(元東近江市史編纂室長)

集合場所:JR能登川駅(9:50)

参加費用:7,800円(税込)

募集人数:30名(先着順)

主な見学先

●繖山稜線からみる愛知川流域遠望

●日野川川床の動物足跡化石(能登川博物館)

●愛知川中流域の河岸段丘

●布引丘陵の遠望と古琵琶湖層露頭地

 


お申込み・お問合せ

一般社団法人 東近江市観光協会

〒529-1442 東近江市五個荘塚本町279番地 TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

開催日
平成29年6月4日(日)
場所
     
参加費
7,800円

大沼4-6

パワースポットトレッキング 「見参!磐の神々」 《実施済》

神と遊ぶ

パワースポットトレッキング 「見参!磐の神々」

 

巨磐に宿る自然の神々は、祈りに応え、私たちに様々な力を与えてくれます。

磐はまさしく神のオーラがみなぎるパワースポットです。

東近江はとりわけ、たくさんの磐の神々がいます処。

今回は、これらの神々に汗をかきつつ歩いて見えたいと思います。

 

開  催  日:平成29年5月27日(土)

集合場所:近江鉄道 市辺駅(9:00)

語  り  部:大沼芳幸氏(近江ヒストリカルマイスター)

コ  ー  ス:市辺駅(集合)= 船岡山阿賀神社 = 岩戸山参道 = 岩戸山十三仏 = 小脇山城 = 赤神山 = 太郎坊宮 = 太郎坊宮駅前(解散)

※トレッキングになりますので、山歩きの経験者のみ参加をお願いします。装備も山歩きの装備でご参加願います。


お申込み・お問合せ

一般社団法人 東近江市観光協会

〒529-1442 東近江市五個荘塚本町279番地 TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

開催日
平成29年5月27日㈯
場所
     
参加費
2,800円

国衆HP-1

近江湖東の国衆 その故地を巡る 《実施済》

東近江 歴史探訪の旅

信長に付くか抗するか決断迫られた 近江湖東の国衆 その地を巡る

―蒲生氏と鯰江氏―

 

永禄11年(1568)

織田信長は足利義昭の上洛を支援し、近江の地へと進攻した近江守護六角氏は抗戦の構えをとる

この時、近江湖東の国衆は織田あるいは六角いずれに組するのか二者択一に迫られた

織田をとった蒲生氏  六角をとった鯰江氏

その後の歴史も含め両氏の故地とその周辺を巡ります

 

開催月日:平成29年5月21日(日)

語  り  部:山本一博氏(元東近江市史編纂室長)

集合場所:JR能登川駅(9:50)

参加費用:8,800円(税込)

募集人数:30名(先着順)

主な見学先

◆鯰江城跡 ◆井元城跡 ◆野菜花(昼食) ◆中野城跡 ◆信楽院 ◆蒲生氏郷公銅像

 

お申し込み方法

チラシPDFを下記よりダウンロードしてください。

チラシ裏面下部がお申込書となっておりますので、FAXまたは郵送等でお申し込みください。


お申込み・お問合せ

一般社団法人 東近江市観光協会

〒529-1442 滋賀県東近江市五個荘塚本町279番地 TEL:0748-48-2100 FAX:0748-48-6698

 

開催日
平成29年5月21日(日)
場所
     
参加費
8,800円

名称未設定-1

日本遺産『琵琶湖と水辺景観』と旧城下町めぐり 《実施済》

近江の歴史は琵琶湖と深く関わっています。

このツアーでは、戦国時代の人々が琵琶湖とどのように関わったのか、

水辺の三つのまちを訪ね、三者三様のまちの様子に触れていただきます。

開催日:平成29年5月20日(土)
語り部:松下 浩
行程:能登川駅集合 = 水郷の伊庭集落 = 安土旧城下町 = 旧伊庭家住宅(昼食) = 西の湖遊覧 = 近江八幡(八幡堀・日牟禮神社・新町道り) = 近江八幡駅解散(16時半頃)


お問合せ・お申込み

(一社)東近江市観光協会 TEL:0748-48-2100

開催日
平成29年5月20日(土)
場所
     
参加費
9,700円(税込)

大沼4-6

覇王「織田信長」とこれを見つめた者《実施済》

戦国に遊ぶ

覇王「織田信長」とこれを見つめた者

 

戦乱の世に終止符を打った「織田信長」。覇王への道筋とその思想を、これまであまり知られていなかった城郭や寺院を通して解説します。

さらに、信長の思想を秀吉・家康がどの様に受け継いだのかを、八幡山城・彦根城を通して解説します。

 

開催日:平成29年4月15日(土)・16日(日)

案 内:大沼芳幸氏

行 程

4/15 第1部「信長の足跡を追う」

JR能登川駅(集合)= 青山城 = 百済寺城 = 井元城 = 石馬寺 = 納屋孫(夕食)= 能登川アズイン(宿泊)

◆夕食は、中世の武家の儀礼である「式三献」を元に、近江商人が婚礼の際に振る舞った祝い膳をアレンジした料理と解説を共に味わいます。

※青山城は大変足元が悪いので、しっかりした足回りと服装で参加願います。

 

4/16 第2部「覇王織田信長とこれを継ぐ者」

宿舎 = 伊庭 = 超光寺 = 八幡山城 = 彦根城 = JR彦根駅(解散)

 


お問合せ・お申込み

(一社)東近江市観光協会 TEL:0748-48-2100

開催日
平成29年4月15日㈯・16日㈰
場所
     
参加費
1泊2日:34,000円、15日日帰り:15,800円、16日日帰り:10,500円

東近江チラシ01

『信長公記』を片手に信長と歩く近江 「近江攻略と安土城・安土饗応膳」 《実施済》

 『信長公記』を片手に信長と歩く近江

「近江攻略と安土城・安土饗応膳」

 

織田信長その者は人か?魔か?或いは神か?

 

織田信長は何を目指し近江の地に安土城を造ったのか?

その過程と結果を近江攻略戦の舞台と安土城から徹底的に検証します。

全行程を『信長が見た近江 信長公記を歩く』の著者、元滋賀県立安土城考古博物館副館長の大沼芳幸氏が同行し、『信長公記』を読みながら解説します。

また夕食には、天正10年6月、本能寺の変の直前に信長が徳川家康等をもてなした「安土饗応膳」の内、初日に饗した「をちつき膳」を元に調理した特別料理を、解説と共に賞味して頂きます。

 

◆開催日:2017年3月12日(日)・13日(月)

◆参加費:1泊2日35,400円、12日日帰り9,500円、13日日帰り8,700円

 ※12日日帰りには、「織田信長安土饗応膳」は含まれません。

◆行程

3月12日(日)

JR近江八幡(10:00集合)= 佐生日吉城 = 納屋孫(昼食)= 観音正寺城 = 桑實寺 = 安土城天主信長の館 = 休暇村近江八幡(講座・宿泊)= 「織田信長安土饗応膳」を味わう

3月13日(月)

休暇村近江八幡発(9:30)= JR安土駅 = 安土城下町散策 = 魚石〈安土料理〉(昼食)= 安土城徹底探訪 = JR近江八幡駅解散

 ※探訪は『信長公記』を読みながら行います。

 ※二日間と山歩きがありますので、トレッキングシューズを着用してください。

 ※雨具をご持参ください。

 ※天候の状況により、工程を変更する場合があります。

開催日
平成29年3月12日(日)・13日(月)
場所
     
参加費
1泊2日:35,400円、12日日帰り:9,500円、13日日帰り:8,700円

shirasumasako_01

白洲正子の世界を旅する 《実施済》

※ご好評につき、受付終了いたしました

いかいゆり子先生同行 

白洲正子の世界を旅する 近江「かくれ里」文学の旅

 

「未だに多くの謎を含んだ歴史上の秘境、それが近江の宿命であり、近江の魅力」と言い、かつて「えたいの知れぬ魅力」にとりつかれ、近江を自らの足で歩いた白洲正子の世界を巡ります。

それは日本人が大切にしてきた精神文化を訪ねる旅でもあります。

今回は、「石に惹かれて近江へ」で日本一の石塔と評した石塔寺、そして文字通り「かくれ里」にふさわしい「木地師の村」君ヶ畑や蛭谷を訪ねます。

巡るのは、美しい自然、歴史や信仰に守られた神秘の世界です。

この企画は二部構成になっています。一部では事前に白洲正子「かくれ里」講座で学び、二部ではその舞台となった現地を訪れることにしました。

 

文学講座(事前講座) ※実施済

月 日 : 平成29年2月25日(土)  13:30~15:00(1時間30分)

会 場 : 草津市立まちづくりセンター 会議室

草津市西大路町9-6(JR草津駅より徒歩5分) TEL:077-562-9240

テーマ : 「白洲正子が感じた近江の魅力」「かくれ里」の世界

参加費 : 1,500円(受講料、資料代等)

 

文学紀行(日帰りツアー)

月 日 : 平成29年3月25日(土)

集 合 : JR琵琶湖線 近江八幡駅 南口 9:45集合

参加費 : 一般参加者9,000円、文学講座参加者8,000円

定 員 : 25名(最少催行人員15名)

行 程 : 近江八幡駅(出発) = 石塔寺 = 奥永源寺・日登美山荘(昼食)= 木地師資料館・筒井神社 = 木地師工房 = 惟喬親王御陵・筒井千軒跡 = 大皇器地祖神社・高松御所 = 道の駅奥永源寺渓流の里 = 近江八幡駅(解散)


主催:(一社)東近江市観光協会

開催日
平成29年2月25日・3月25日
場所
     
参加費
文学講座:1,500円 文学紀行:9,000円 講座&紀行セット:9,500円

東近江チラシ01

探水・馳走 水郷伊庭の漁萬膳 《実施済》

※ご好評につき、受付終了いたしました

探水・馳走

水郷伊庭の漁萬膳

東近江市伊庭は、湖に面した、水がとても近い街です。

何より驚かせられるのが、町の中を縦横に流れる「カワ」と呼ばれる水路です。

かつては、船が通る路として使われていましたが、車社会になった現在でも、伊庭のカワは残され、水の親しい暮らしが伝えられています。

水に近い伊庭は当然のことながら漁も盛んでした。伊庭の人達は、たくさん獲れた魚を活かしておき、必要に応じて食べるためのアイテムを考え出しました。

カワを利用した「生け簀」です。

この度、昔ながらの「生け簀」を復活させ、ここに活かした魚を召し上がって頂く特別企画を実施します。

名づけて「探水・馳走 水郷伊庭の漁萬膳」です。

水がもたらす自然の力を体の中に取り込んで下さい。

■開催日   平成29年3月18日(土)

■参加費用  7,300円(料理・講師料・保険料を含む)

■募集人数  25名

■集合場所  JR能登川駅西口

■内容

  ①講座(メニュー解説)「探水・馳走 水郷伊庭の漁萬膳」

   講師:大沼芳幸(滋賀県文化財保護協会)

  ②水郷伊庭の漁萬膳を味わう

   料理調達 伊庭「魚定」

  ③伊庭の散策(解説付き)


主催:日本遺産『水の文化』東近江市地域協議会

旅行主催:(一社)東近江市観光協会

開催日
     
場所
     
参加費
7,300円

東近江チラシ01

尽贅・馳走 近江商人の祝い膳 《実施済》

※ご好評につき、受付終了いたしました。

尽贅・馳走

近江商人の祝い膳

アジア大陸から商圏を広げ、莫大な財をなした「近江商人」

近江商人の普段の暮らしは「質素・倹約」を旨とするものでした。しかし、近江商人達の食に対する執着が爆発する時があります。それが「祝い」特に婚礼の時です。

この時、近江商人達は、珍しい食材・目出度い食材・旨い食材を財にまかせ、「駈け」そして「走り」調達しました。

まさに贅を尽くした御馳走です。

この度、近江商人の街として知られる五個荘の料理店「納屋孫」に「御慶事御献立控え」という大正末から昭和初めの婚礼メニューが伝わっていることが判りました。

そこで今回、この「御慶事御献立控」を元に、婚礼の中心となる「三献」の膳を復元し、召し上がって頂くことにしました。

近江商人の祝い膳を味わい、近江商人のバイタリティー・招財力を体に取り込んで下さい。

■開催日

  平成29年1月15日(日)・29日(日)

■参加費用

  7,400円(料理・講師料・入館料・保険料を含む)

■募集人数

  各25名

■集合場所

  JR能登川駅東口

■内容

  ①講座(メニュー解説)「尽贅・馳走 近江商人の祝い膳」

   講師:大沼芳幸(滋賀県文化財保護協会)

  ②近江商人屋敷(中江富十郎邸)で庭園を鑑賞しながら「祝い膳」を味わう。

   料理は、近江商人の伝統通りの仕出しスタイルで提供いたします。

   料理調達・仕出し、五個荘「納屋孫」

  ③五個荘商人の町並散策(解説付き)


主催:日本遺産『水の文化』東近江市地域協議会

旅行主催:(一社)東近江市観光協会  監修・協力:納屋孫・(公財)滋賀県文化財保護協会

後援:NPO法人 金堂まちなみ保存会

開催日
     
場所
     
参加費
7,400円

御座します

東近江に御座します神々のお社を巡る 《実施済》

 東近江 歴史探訪の旅

東近江に御座します神々のお社を巡る

~ 式内社と国重文本殿 ~

「五穀豊穣」と「村中安全」

いつの世も変わりないこの願いを一千数百年余受け止め続けた村々の神々

こんな神様が御座しますお社周辺は建設当時の技術の粋を集めた建造物

一千年以上語り継がれてきた縁起など有形無形の歴史遺産の宝庫です

ほぼ、一村に一社はあるお社からまず第1弾として7社を巡ります

 

■開催日   平成28年12月11日(日)

■参加費用  7,500円

■募集人数  30名(先着順)

■集合場所  JR能登川駅

■スケジュール

能登川駅(集合)- 乎加神社 - 春日神社 - 押立神社 - 日野商人屋敷 山中正吉邸(昼食)

- 馬見岡綿向神社 - 高木神社 - 布施神社 - 河桁御河辺神社 - 能登川駅(解散)

詳細は下記PDFをご確認ください。

 


お申込み・お問合せ:一般社団法人 東近江市観光協会

東近江市五個荘塚本町279番地 TEL:0748-48-2100 FAX :0748-48-6698

開催日
平成28年12月11日(日)
場所
     
参加費
7,500円
2 / 41234