ツアーのご案内

東近江の魅力を楽しめる、おすすめの観光ツアーを企画しています

白洲正子と探る近江の神話 「あかねさす」 《実施済》

蒲生野の魅力を探る、講師同行カルチャーツアー

「茜さす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」

万葉集の白眉ともいわれる額田王の相聞歌

この歌が響いたのが「蒲生野」

蒲生野に惹かれ近江を訪れた白洲正子は、ここで、水の女神「三和姫伝説」を知り、その原淵を求め、日野川を遡りました。

不思議なことに、この道は聖徳太子伝説とも重なる道なのです。その関係は?

 

今回のツアーは『近江山河抄:あかねさす紫野』をテーマに、水の女神と聖徳太子の幻影を追います。

全行程に元滋賀県立安土城考古博物館副館長・大沼芳幸氏が同行し、解説を行います。

また、同講師による宿泊講座「白洲正子が見た聖徳太子伝説と近江」を開催します。

 

開催日:2019年3月29日(金)・30日(土)

参加費:1泊2日37,000円29日日帰り18,500円※130日日帰り11,000円※2 ※1昼食・夕食・講座を含む ※2昼食含む

定 員:25名(最少催行人数10名)

行 程

1日目:近江八幡駅(集合)→ 龍王寺 → 日本料理ますや(昼食)→ 御澤神社 → 乾徳寺 → 八日市ロイヤルホテル(講座・宿泊)

2日目:日野金剛定寺 → 馬見岡綿向神社 → 近江商人ふるさと館「山中正吉亭」(昼食)→ 西明寺 → 熊野神社 → JR能登川駅

 

※詳細はこちらをご確認ください

開催日
平成31年3月29日(金)~30日(土)
場所
     
参加費
1泊2日:37,000円、29日日帰り18,500円、30日日帰り11,000円