寺社・史跡
八日市・蒲生

八日市・蒲生エリア

野々宮神社
ののみやじんじゃ

延暦2年(783)の創建と伝わる日吉社系の古社。かつては野々子荘13ヵ村の総社とされ、5つの別当坊があったと伝える。社宝に鎌倉期の狛犬一対、室町期の懸仏があり、ともに市の市指定文化となっている。

八日市・蒲生エリア

湧泉寺
ゆうせんじ

高さ約4.5メートルの重厚な石造九重塔は、鎌倉時代永仁3年(1295)の建立で重要文化財。塔身の銘文に「興隆寺」と刻まれているが、涌泉寺との関係とともに、もとからこの地に造立されたのか、ここに移設されたのかは不明。

八日市・蒲生エリア

高木神社
たかぎじんじゃ

高木神社本殿と境内社日吉神社本殿は、ともに室町時代後期の建築で重要文化財。毎年4月の大祭は、ケンケト祭として有名で「カンカ」と呼ばれる子どもの囃子と長刀振りが奉納される。(国選択無形民俗文化財)

八日市・蒲生エリア

雪野山歴史公園
ゆきのやまれきしこうえん

雪野山歴史公園は、東近江市・近江八幡市・竜王町にまたがり、山頂には4世紀中頃の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)があります。平成元年には、全国でも珍しい未盗掘(みとうくつ)の状態で発見されました。
現在古墳は埋め戻されていますが、山頂まではハイキングコースが整備されています。周辺には多くの古墳(こふん)があり、そのうちの八幡社古墳群(はちまんしゃこふんぐん)を活用して山麓(さんろく)に歴史公園が整備

八日市・蒲生エリア

梵釈寺
ぼんしゃくじ

本尊観世音菩薩坐像(宝冠阿弥陀如来)は、平安時代の作で重要文化財。境内の石造宝篋印塔は、鎌倉時代嘉暦3年(1328)の造立で国の重要美術品である。

八日市・蒲生エリア

願成寺
がんじょうじ

推古天皇二十七年開創と伝えられる古刹、天台宗より改宗し現在は曹洞宗寺院。本尊聖世音菩薩は身代わり観音として地域の信仰を集め、また観音様のお堂ではご祈祷や悩み事相談が随時行われる。

八日市・蒲生エリア

法徳寺薬師堂
ほうとくじやくしどう

鎌倉時代から続く伝統行事「裸まつり」が行われる。15歳以上の独身男性が「チョーライ、チョーライ」の掛け声とともに、我先にと地上3mの梁に供えたマユ玉を奪い合います。マユ玉を取った者は、その年良縁に恵まれると言われている。

八日市・蒲生エリア

瓦屋禅寺
かわらやぜんじ

四天王寺建立時に山中の土を用いて瓦を10万8千枚焼かせたのが寺名の由来。

秘仏千手観音菩薩は国重文に指定され近江西国第18番札所と成っている。

春夏秋冬様々な花が参拝者を楽しませ晩秋の紅葉が美しい。

八日市・蒲生エリア

山部神社(赤人寺)
やまべじんじゃ・しゃくにんじ

当地は、万葉の歌人、山部赤人が生涯を閉じた地と伝わる。境内の「赤人桜」は、赤人が桜の枝に冠をかけたところ、はずれなくなり、そのままこの地に永住したと伝えられている。鎌倉時代の石造七重塔は、重要文化財。

八日市・蒲生エリア

石塔寺
いしどうじ

開基は聖徳太子とされる。境内の石造三重石塔は、奈良時代前期の作とされ重要文化財である。寺伝では、平安時代、唐に留学した寂照が近江国にも阿育王の石塔の1つが埋まっていると聞き、掘り当てたのがこの塔であるといわれている。

八日市・蒲生エリア

河桁御河辺神社
かわけたみかべじんじゃ

当社の創設は古く、人皇29代宣化天皇4年に神崎の郡司玉祖宿禰磯戸彦連が神勅により、五穀豊穣・万民長薬の神として勧請せられました。本殿の前には国の重要文化財に指定された六角石燈籠があります。3月には古代の式典を今に伝える、例大祭のみかべはだか祭があります。

八日市・蒲生エリア

御澤神社
おさわじんじゃ

聖徳太子が蘇我馬子に命じてこの一帯を開墾したときに、水田用の溜池として清水池、白水池、泥水池をつくり、神社を創建したのがはじまりといわれている。境内から湧き出る水は、近江の名水として知られている。

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

平成31年1月18日、19日、20日

豊国神社厄除大祭

豊国神社は「厄除八幡さん」と呼ばれて信仰を集め、 毎年1月1・・・

すべてのイベントを見る

家族で楽しむルート

河辺いきものの森

今では貴重な守られた里山 「河辺いきものの森」は、里山を活か

すべてのルートを探す