寺社・史跡
能登川・五個荘

大濱神社

【エリア】能登川・五個荘

大濱神社
おおはまじんじゃ

伊庭郷の氏神で、境内にある葦葺きの仁王堂は県指定文化財。仁王堂には伊庭祭の「坂下し」で用いられる三社の神輿が収められ、祭の中心的な場である。

P8:観音正寺

【エリア】能登川・五個荘

西国第三十二番札所 観音正寺
さいごくだいさんじゅうにばんふだしょ かんのんしょうじ

インド共和国政府の特別許可により白檀原木23トンが我が国に初めて正式輸入され、一丈六尺(光背を含めた像高7m)の総白檀千手観音座像が開眼されました。本堂内はサンダルウッド(白檀)のよい香りに心が癒されます。

0822弘誓寺

【エリア】能登川・五個荘

弘誓寺
ぐぜいじ

本願寺三世覚如上人の高弟で、那須与一の孫、愚咄を開祖とし、正応3年(1290)に創建。五個荘金堂重要伝統的建造物群保存地区の中心的な存在で、現在の本堂は宝暦5年(1753)再建されたもので重要文化財。

IMG_1130

【エリア】能登川・五個荘

乎加神社
おかじんじゃ

“おか”を乎加と書く神社は全国で二つだけで、名前の由来は、和田山なる岡に祀られたからとも、ご祭神が豊遠迦比賣命であるからともいわれる。約3300坪の境内は樹々に囲まれた社殿は国の登録文化財。

安楽寺

【エリア】能登川・五個荘

安楽寺
あんらくじ

聖徳太子が近江に建てた48寺院の第1番目。
本尊は千手十一面観音。当寺と末寺閣魔堂(えんまどう=現十応寺=じゅうおうじ)は八王子法橋(はちおうじほうきょう)五人衆・十六人衆によって維持運営されました。
天正4年(1576)織田信長により焼打ちされたと言われています(神崎郡志稿)。

繖峰三神社1

【エリア】能登川・五個荘

繖峰三神社
さんぽうさんじんじゃ

繖山山腹にあり、毎年5月4日には奇祭「伊庭の坂下し」が行われる。この神事は、山上の社から麓まで神輿を引き下ろす荒々しいもので、800年以上もの歴史があるとされ、県の選択無形民俗文化財になっている。

善勝寺2

【エリア】能登川・五個荘

善勝寺
ぜんしょうじ

聖徳太子の叔父良正を開基とし、創建当初は釈善寺と号したが、坂上田村麻呂の東征勝利にちなんで善勝寺に改められたとされる。もとは天台寺院として七十余坊の大伽藍を擁したが、織田信長の焼打ちにより曹洞宗に改宗した。

0822

【エリア】能登川・五個荘

北向岩屋十一面観音
きたむきいわやじゅういちめんかんのん

繖山山頂の巌窟内にある石造りの観音像。奈良時代に安置されたと伝わり、合掌の手に数珠をかけた石仏は珍しい。由緒によると、安政の頃から千日会が執行され、毎年7月17日に千日会法要が盛大に勤行される。

0822

【エリア】能登川・五個荘

石馬寺
いしばじ

当寺は、聖徳太子が建立した1400年の歴史を有する古刹で、風情ある苔むした石段や石庭のほか、国の重要文化財に指定されている主に平安時代に作られた仏像群など、多くの見どころがあります。

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

6c29bbe57a6275547723efb180a26fcc

毎年5月4日

伊庭の坂下しまつり

伊庭の坂下しまつり(いばのさかくだしまつり) 毎年5月4日に・・・

すべてのイベントを見る

平和祈念館外

家族で楽しむルート

平和祈念館

滋賀県平和祈念館は、県民の戦争体験を語り継ぎ、戦争の悲惨さや

すべてのルートを探す