寺社・史跡
湖東・愛東・永源寺

6789_東光寺の紅葉

【エリア】湖東・愛東・永源寺

東光寺
とうこうじ

浄土宗の中本山格の寺で、白鹿背山巨徳院東光寺という。寺伝によると、聖徳太子が薬師如来を安置するために本堂を建立し、恵心僧都源信が入寺して以降、天台宗となる。永禄年間の兵火で荒廃していた寺を、深誉円知上人によって再興され、浄土宗となる。三度の火災に遭い、明治26(1893)年に、営誉経海上人によって再建され、現在まで至っている。

IMG_1575

【エリア】湖東・愛東・永源寺

善明寺
ぜんみょうじ

臨済宗永源寺派の寺で、開基は明らかでない。境内には藤原期の作と伝える阿弥陀如来坐像大小2躯が安置されており、ともに重要文化財に指定されている。

春日神社本殿 01

【エリア】湖東・愛東・永源寺

春日神社(山之神)
かすがじんじゃ

小八木集落の北東寄りに位置する春日神社は、奈良春日大社から分祀したと伝え、本殿(重要文化財)及び神門(県指定文化財)のほか、拝殿、宝篋印塔のほか大般若経(いずれも市指定文化財)など多くの文化財がある。

豊国神社

【エリア】湖東・愛東・永源寺

豊国神社
とよくにじんじゃ

「厄除八幡さん」と呼ばれて信仰を集めている。毎年1月18日から20日に行われる厄除大祭は、多くの参拝客で賑わう。本殿は、寛政2年(1790)の建築で、市指定文化財。

0822

【エリア】湖東・愛東・永源寺

押立神社
おしたてじんじゃ

押立郷の総社で、地元では「大宮さん」と親しまれる。南北朝時代建立の本殿と大門はいずれも重要文化財。60年に一度の大祭「ドケ祭」は、鬼の面を被り、太鼓を持った踊り手が囃子に合わせて踊る奇祭。

0822引接寺

【エリア】湖東・愛東・永源寺

引接寺
いんじょうじ

毎年8月22日に行われる万燈供養は、百済寺山周辺から集められた石仏約6000体に灯りを捧げて供養する行事で、夏の風物詩として有名。毘沙門天像は市指定文化財。

0822

【エリア】湖東・愛東・永源寺

百済寺(湖東三山 国史跡)
ひゃくさいじ(ことうさんざん くにしせき)

百済寺は聖徳太子創建の近江最古級寺院で、東の熱田神宮、西の太郎坊・次郎坊(鞍馬)等と共に北緯35.1度の「パワーライン」上に位置しています。
「フロイスが地上の天国一千坊」と称賛した広大な境内は「四季百彩」の美で包まれた洗心の場です。

0822

【エリア】湖東・愛東・永源寺

筒井神社
つついじんじゃ

貞観7年(865)、惟喬親王が宇佐八幡神を勧請し、筒井峠に建立されたと伝わり、後に当地に遷された。かつて「筒井公文所」の名で、君ケ畑の高松御所とともに全国の木地師を支配していた。氏子狩帳は県指定民俗文化財。

0822

【エリア】湖東・愛東・永源寺

大皇器地祖神社
おおきみきじそじんじゃ

寛平10年(898)の創祀と伝わり、木地師の祖として惟喬親王を祀る。親王の幽棲地とされる隣接の金龍寺は「高松御所」として蛭谷の筒井公文所とともに、全国の木地師を支配していた。氏子狩帳は県指定民俗文化財。

0822

【エリア】湖東・愛東・永源寺

大本山 永源寺
だいほんざん えいげんじ

康安元年(1361年)創建の、臨済宗永源寺派の大本山。開山は寂室元光禅師。
古くから紅葉の名所として知られ、新緑など四季を通じて素晴らしい。(観楓期間中、庭園特別公開やライトアップ開催)
また、本尊「世継観音」は、子孫繁栄の秘仏として、篤い信仰をあつめている。

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

JL023_72A

歴史をおとずれるルート

八日市IC

すべてのルートを探す