2016/01/08

冬の伊庭内湖で美しい水鳥を観察しませんか?

広報水鳥観察会 (Blogサイズ)

能登川博物館では、四季折々の自然の豊かさや、
生き物に関心を持っていただくきっかけとなるような
様々な観察会や体験学習を行っています。

今年も毎年恒例となっている「水鳥観察会」を
『日本野鳥の会滋賀』の石井 秀憲さんを講師として、
「びわ湖一斉水鳥観察会」
(琵琶湖ラムサール条約連絡協議会主催)との
共催で実施、越冬のため北から渡ってくる鳥たちを
伊庭内湖で観察します。

伊庭内湖では県鳥のカイツブリや、
昨年は絶滅危機増大種の「チュウヒ」希少種の
「カンムリカイツブリ」など約16種類を確認
することができました。

琵琶湖に飛来する多くの水鳥に親しむことを
通じて、自然環境を深く知っていただき、日本遺産
「琵琶湖とその水辺景観―祈りと暮らしの水遺産―」に
認定された“伊庭の水辺景観”と“水鳥”との調和を
楽しんでいただければ幸いです。

「水鳥観察会」
開催日:2016年1月30日(土)【小雨決行・荒天中止】
※1月6日(水)10時より申込み受付開始!
時間:9:30~12:00
場所:伊庭内湖【能登川水車とカヌーランド】集合。
参加費:無料  ※要申し込み
定員:30名
持ち物:双眼鏡(お持ちであれば。)
ぜひ、お申し込みください!

水鳥観察会では、正しい双眼鏡の使い方や
観察の仕方、主な水鳥の特徴の紹介が行なわれます。
美しい水鳥の観察ができますよ♪

寒い時期ですので、暖かい服装でお越し下さい。
開催日までの休館日:月曜日・火曜日 1/13・1/22
お問い合わせ:東近江市能登川博物館(東近江市山路町2225)
TEL 0748-42-6761・IP 050-5801-6761