おすすめ最新情報

[近江商人博物館・中路融人記念館]

2020/01/10


中路融人が風景画を描くうえでもっとも大事にしていたことは、自然のありのままを描くということでした。

今回は、木々の造形に注目し、“滋賀を象徴する木”として頻繁に描いていた榛の木や、春になると何度も足を運んだ海津大崎の桜など、中路が描きとめた木々のかたちを紹介。水たまりに映った榛の木が印象的な「映」など、当館初出展の6点を含む19点を出展します。

 

木々の装いー融人が描く木のかたちー
日時:令和2年1月11日(土)~3月22日(日) 9時30分~17時
会期中の休館日:1/14(火)、1/20(月)、1/27(月)、2/3(月)、2/12(水)、2/17(月)、2/25(火)、3/9(月)、3/16(月)

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

平成30年9月9日(日)・10月14日(日)・11月11日(日)

琵琶湖八珍と東近江六酒蔵の地酒を楽しむ 《実施済》

・・・

すべてのイベントを見る

家族で楽しむルート

近江商人博物館

てんびん棒一本から豪商に立身出世した近江商人の全て たくさん

すべてのルートを探す