おすすめ最新情報

[近江商人博物館・中路融人記念館]

2018/10/21


小下図とは、大きな本画を制作するにあたっての準備段階で作られる小さな下絵のこと。小下図を見ると、作品がどのような過程で描かれていったのかをうかがうことができます。

今回はご遺族より新しく寄贈された作品の中から、日本芸術院賞受賞作の「映象」や「気」「霧の清水寺」などの小下図を出展します。普段なかなか見ることのできない″日本画ができるまで″をご覧ください。

小下図おひろめ展_おもて

日本画ができるまで 小下図おひろめ展 
日時:平成30年10月20日(土)~12月24日(月) 9時30分~17時(入館は16時30分まで)

入館料:大人300(250)円 小中学生150(100)円
      ※()は20名以上の団体料金
場所:中路融人記念館
会期中の休館日:月曜日(ただし12/24は開館)

 

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

家族で楽しむルート

八日市IC

すべてのルートを探す