百済寺でみつまたが咲きはじめました

投稿日:2019.04.04

桜もちらほら咲き始めた東近江市ですが、国史跡百済寺では、みつまた(三椏)の開花がはじまりました。

みつまたは、ジンチョウゲ科の落葉低木で、早春、黄金色の小さな花を咲かせます。枝の先が3つに分かれている事から三椏(みつまた)の名が付いたとされ、三枝(さきくさ)とも呼ばれています。樹皮は優良な和紙の原料で、楮(こうぞ)、雁皮(がんぴ)と共に紙幣や地図に用いられます。

先週から、標高が低く(標高290m付近)日当たりの良い駐車場付近で開花が始まり、現在は本堂付近(標高340m付近)でも開花が始まりました。まもなく境内の桜も平地に少し遅れて開花が始まるので、桜との競演が楽しめそうです。

なお、みつまたとともに山内のヤブツバキ、駐車場付近のユキヤナギは間もなく満開となります。紅葉も新芽が吹き出し、ここちよい色彩と、優しい香りに包まれた春の百済寺を散策してみませんか。

百済寺についてはこちらをご覧ください。

 

 

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

令和元年7月14日(日)

東近江市ドラゴンカヌー大会

船長・舵取・漕手の計10名を1チームとして、往復300mの折・・・

すべてのイベントを見る

家族で楽しむルート

あいとうエコプラザ菜の花館

菜の花プロジェクトで「食とエネルギーの地産地消」! 菜の花館

すべてのルートを探す