日本遺産「琵琶湖とその水辺景観」構成資産の追加認定

投稿日:2017.05.09

平成27年度に日本遺産第一号として「琵琶湖とその水辺景観」が認定を受け、今回「永源寺と奥永源寺の山村景観」が構成資産に選ばれました。

臨済宗永源寺派の大本山は禅の道場として美し景観とともにその水が信仰に深くかかわり、「奥永源寺の山村景観」では生活用水としても山水を利用するなど、日常生活の中でも利用されています。このような暮らしぶりと信仰は、深山幽谷の豊かな山域に育まれた水の文化であり構成資産に追加認定されたものです。

iPhone-2016.09.28-11.23.15.082-2  iPhone-2016.09.28-11.29.47.341-2補正  縮

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

八日市線

平成29年9月30日㈯

軍都の廃線跡巡り&八日市線 こだわり旅

当市は市内に13駅を有し、文字道り東近江市の動脈である近江鉄・・・

すべてのイベントを見る

JL023_72A

歴史をおとずれるルート

蒲生SIC

すべてのルートを探す