日本遺産「琵琶湖とその水辺景観」構成資産の追加認定

投稿日:2017.05.09

平成27年度に日本遺産第一号として「琵琶湖とその水辺景観」が認定を受け、今回「永源寺と奥永源寺の山村景観」が構成資産に選ばれました。

臨済宗永源寺派の大本山は禅の道場として美し景観とともにその水が信仰に深くかかわり、「奥永源寺の山村景観」では生活用水としても山水を利用するなど、日常生活の中でも利用されています。このような暮らしぶりと信仰は、深山幽谷の豊かな山域に育まれた水の文化であり構成資産に追加認定されたものです。

iPhone-2016.09.28-11.23.15.082-2  iPhone-2016.09.28-11.29.47.341-2補正  縮

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

お火焚き大祭

平成28年12月3日(日)

太郎坊宮お火焚大祭

お火焚大祭は、除災招福(じょさいしょうふく)の神として知られ・・・

すべてのイベントを見る

4023f48dfe10585327bb1d4a9c24f5b1

家族で楽しむルート

世界凧博物館東近江大凧会館

日本一の大きさを誇る100畳東近江大凧を展示 家族で楽しめる

すべてのルートを探す