木地師発祥の地・小椋谷 信仰に守られた神秘の世界を訪ねて

期間

 令和元年10月11日(金)・13日(日)

投稿日:2019/09/06

湖東・愛東・永源寺エリア

画像をクリックすると拡大して表示されます

開催日 令和元年10月11日(金)・13日(日)
時間 9:20~16:30(予定)
場所

集合:JR能登川駅 西口(9:20)

解散:JR能登川駅 西口(16:30頃)

URL
お問い合わせ

(一社)東近江市観光協会
TEL:0748-29-3920


林業遺産認定記念 木地師発祥の地・東近江市小椋谷を巡るバスツアー

 

日本森林学会の「林業遺産」に認定された木地師発祥の地「東近江市・小椋谷」。

ろくろで回転させた木をカンナで削り、椀や盆などを作る木地師は、
この地で平安時代に生まれ、全国に広まったと言われ、今も信仰を集めています。

 

開催月日:令和元年10月11日(金)・13日(日)

集合場所:JR能登川駅 西口(9:20集合)

参加費用:9,800円

募集人数:20名(先着順)

スケジュール
JR能登川駅(集合)→ 蛭谷「匠の祭」→ 木地師資料館・筒井神社 → 君ヶ畑集会所(昼食)→ 惟喬親王御陵・筒井千軒跡 → 大皇器地祖神社・高松御所 → 道の駅・奥永源寺渓流の里 → JR能登川駅(解散)

ツアーのポイント
●林業遺産にも認定された、木地師の“聖地” 蛭谷(ひるたに)と君ヶ畑の二つの山間集落を訪ねます。惟喬親王御陵、木地師資料館、筒井神社、大皇器地祖神社、高松御所など惟喬親王伝説の舞台を巡ります。
●個人では行き難い、行っても良さが分かり難い「木地師のふるさと」奥永源寺を、地元ガイドの案内付きで訪ねる旅です。
●蛭谷地区で開催される「匠の祭」をご覧いただき、木工作家の作品に触れていただきます。
●木地師資料館では、小椋館長から、木地師の歴史と文化について語っていただきます。
●10 月13 日は、高松御所・金龍寺で保管されている能面の年に一度の虫干しの日を兼ねた公開の日です。【雨天中止・10月13日(日)のみ】

 

※詳細はチラシPDFをご確認ください

友達に情報を送る

LINEで送る