メイン

秋色に染まる東近江市を巡る♪

秋のお出かけ情報

東近江市には県下でも屈指の紅葉名所湖東三山の1つ「百済寺」や、臨済宗永源寺派の大本山永源寺があります。

また、近年隠れた紅葉の名所として人気が出ている、勝ち運を授かれる太郎坊宮などをはじめ、

たくさんの紅葉名所があります。

紅葉狩りに東近江市へぜひお越しください。

現在の紅葉の状況(平成30年10月12月日 現在)

◆永源寺 青葉 ◆百済寺 青葉 ◆太郎坊宮 青葉 ◆石馬寺 青葉

◆紅葉公園 青葉 ◆瓦屋禅寺 青葉 ◆押立神社 青葉 ◆東光寺 青葉 

毎年の様子では、11月中旬頃~11月下旬頃に見頃になります。

大本山永源寺

約650年前に開山された臨済宗永源寺派の大本山。

滋賀を代表する紅葉の名所でヤマモミジが境内を包み込む。

秘仏御本尊「世継観音」は地元の信仰を集めます。

ライトアップ

11月3日~11月30日

17:00~20:30

 

永源寺紅葉
11704
P1010029

アクセス

公共交通機関の場合

近江鉄道八日市駅 ⇒ (路線バス約30分) ⇒ 永源寺前 ⇒ (徒歩約1分) ⇒ 大本山永源寺

お車の場合

名神高速八日市インター ⇒ (約20分) ⇒ 大本山永源寺

百済寺

百済寺は聖徳太子創建の近江最古級寺院です。
赤門(山門)から本堂に到る「石垣参道」脇や「300坊跡」に自生する1000本余りの楓と、湖西の山並に沈む夕陽に染まる「天下遠望の庭園」の楓の共演は、浄土の光景かと錯覚するほどの美しさです。

ライトアップ

11月15日~11月25日

日没~18:30

百済寺 書院池泉の紅葉
2688_百済寺の紅葉
百済寺庭園『天下遠望の名園』池泉正面の紅葉

アクセス

公共交通機関の場合

JR能登川駅 ⇒ (近江鉄道バス約35分) ⇒ 百済寺本町 ⇒ (徒歩約15分) ⇒ 百済寺

お車の場合

名神高速八日インター ⇒ (約20分) ⇒ 百済寺

太郎坊宮

太郎坊宮阿賀神社は勝利と幸福を授ける神様として、1400年前から信仰される神社。
太郎坊山全体が紅葉に染まります。特に拝殿付近のもみじが、下から見ると日光で透かされ、大変美しい。

1669 太郎坊宮の鳥居と紅葉
1668 太郎坊山の紅葉
紅葉5

アクセス

公共交通機関の場合

近江鉄道太郎坊宮駅⇒(徒歩約10分)⇒太郎坊宮

お車の場合

神高速八日市インター ⇒ (約20分) ⇒ 太郎坊宮

石馬寺

石馬寺は聖徳太子開創の古刹です。

聖徳太子がこの山麓に馬をつなぎ、山上に霊地を探して下山すると馬が石と化して池に沈んだ(現在の石段登り口に沈む駿馬の化石)というところから寺号がつけられました。苔むした風情のある石段は紅に染まるトンネルのようになります。

紅葉石馬寺
P1010386(s)
P1010391(s)

アクセス

公共交通機関の場合

JR能登川駅⇒(路線バス約10分)⇒石馬寺バス停下車⇒(徒歩約10分※麓まで)⇒石馬寺

お車の場合

名神高速道路八日市インター⇒(約20分)⇒石馬寺

紅葉公園

紅葉公園は、近江商人の塚本仲右衛門が、私財を投じ、自然の地形を生かして、100年前に造園しました。
その名からも知られるとおり、晩秋の紅葉は見事なもので、山全体が赤や黄色に染まる姿は、人々の心をなごませてくれます。
紅葉は楓が中心です。
※専用駐車場はありません。ぷらざ三方よしに駐車いただき、徒歩約40分です。

IMG_1810
IMG_1822
P1050825

アクセス

公共交通機関の場合

JR能登川 ⇒ (路線バス約10分) ⇒ 観音寺口バス停 ⇒ (徒歩約40分) ⇒ 紅葉公園

お車の場合

名神高速八日市インター ⇒ (約30分) ⇒ ぷらざ三方よし ⇒ (徒歩約40分) ⇒ 紅葉公園

瓦屋禅寺

四天王寺建立時に山中の土を用いて瓦を10万8千枚焼かせたのが寺名の由来となっています。 境内の無数のモミジがトンネルのように覆い、歴史ある瓦屋禅寺がなんとも言えない風情を醸します。

IMG_0037
IMG_0034
IMG_6016

アクセス

公共交通機関の場合

近江鉄道八日市駅 ⇒ (徒歩約40分) ⇒ 瓦屋禅寺

お車の場合

名神高速道路八日市インター ⇒ (約20分) ⇒ 瓦屋禅寺

押立神社

押立郷の総社で、地元では「大宮さん」と親しまれる。

南北朝時代建立の本殿と大門はいずれも重要文化財。

入口に大きなイチョウの木や、モミジの木が生い茂る道路も見どころ。

 

IMG_4010
IMG_3982(縮)
IMG_3983(縮)

アクセス

お車の場合

名神高速道路八日市インター ⇒ (約25分) ⇒ 押立神社

東光寺

浄土宗の中本山格の巨刹で、寺伝によると往古は聖徳太子草創の白鹿山巨徳院という寺院でした。

後に、恵心僧都が入寺して天台宗となり佐々木氏の崇敬を受けましたが、

永禄の兵火にかかり薬師如来と阿弥陀如来の二像のみが残ったので仮堂に安置したと伝えています。

モミジと江戸期の梵鐘(市指定文化財)や大きなイチョウの木などの紅葉が大変美しいです。

6789_東光寺の紅葉
P1000583(縮)
P1000593(縮)

アクセス

お車の場合

名神高速道路八日市インター ⇒ (約30分) ⇒ 東光寺

詳しい東近江市へのアクセスはこちら