かくれ里ー木地師の村から琵琶湖へ

期間

 令和元年9月1日㈰~2日㈪

投稿日:2019/07/29


画像をクリックすると拡大して表示されます

開催日 令和元年9月1日㈰~2日㈪
時間
場所
URL http://www.higashiomi.net/tour
お問い合わせ

(一社)東近江市観光協会

TEL:0748-29-3920


白洲正子と辿る愛知川の景と美味

 

白洲正子は釈超空の詩と紀行文に惹かれ、木地師の姿を求めて小椋谷に足を向けます。
そこに待っていたのは、惟喬親王を神と仰ぎ、木と向き合い逞しく生きる山の民の姿でした。
そして、小椋谷を流れ出た水は愛知川となり琵琶湖に注ぎます。
この水の旅の中に白洲正子は、観音という水の神の浄土を見出します。

 

今回の旅は、愛知川の源流から琵琶湖までの水の路を辿りつつ、白洲正子が感じ取った神と人間との交渉の文化を体感していただけます。

 

全行程に、元滋賀県立安土城考古博物館副館長で、『白洲正子と歩く琵琶湖〈江南編・江北編〉』の著者  大沼芳幸氏が同行し、白洲正子の世界をご案内します。

 

開催日:令和元年9月1日(日)~2日(月)

参加費:1泊2日38,000円、1日日帰り19,000円(昼食・夕食・講座料含む)2日日帰り12,000円(昼食料含む)

定 員:25名(最少催行人数15人)

行 程
9月1日(日)
JR能登川駅西口(10:00集合)→永源寺→しきろ庵(昼食)→君ヶ畑・大皇器地祖神社参拝→木地師工房「君杢」見学→ぷらざ三方よし(講座「白洲正子と鈴鹿の山並み」)→納屋孫(夕食)→アズイン東近江能登川駅前(宿泊)

9月2日(月)
アズイン東近江能登川駅前(9:30出発)→石馬寺→水郷「伊庭」の散策→「水郷伊庭の漁萬膳」(昼食)→長命寺→大嶋奥津嶋神社→JR近江八幡駅北口(16:30解散予定)

※詳細はチラシPDFをご確認ください

友達に情報を送る

LINEで送る