日本遺産「琵琶湖とその水辺景観」構成資産の追加認定

投稿日:2017.05.09

平成27年度に日本遺産第一号として「琵琶湖とその水辺景観」が認定を受け、今回「永源寺と奥永源寺の山村景観」が構成資産に選ばれました。

臨済宗永源寺派の大本山は禅の道場として美し景観とともにその水が信仰に深くかかわり、「奥永源寺の山村景観」では生活用水としても山水を利用するなど、日常生活の中でも利用されています。このような暮らしぶりと信仰は、深山幽谷の豊かな山域に育まれた水の文化であり構成資産に追加認定されたものです。

iPhone-2016.09.28-11.23.15.082-2  iPhone-2016.09.28-11.29.47.341-2補正  縮

エリア別にスポットを探す

能登川・五個荘 八日市・蒲生 湖東・愛東・永源寺

東近江のおすすめ情報

20180320111108-0001

平成30年4月6日~4月30日

「大町憲治 作品展」-「彩輝光」蒔絵師の視点ー

蒔絵・彩輝光の作品を展示するほか「 Ken MAKIE St・・・

すべてのイベントを見る

23e5f92c6400686085c7680b57aa794d

歴史をおとずれるルート

太郎坊宮

勝運の神 勝利と幸福を授ける神様として、1400年前から信仰

すべてのルートを探す